切り絵について

私が切り絵と出会ったのは中学2年の時。
当時、海外短波放送を聴き、放送局に受信報告書を送り、
返信されてくるべリカードを集めるのが、仲間たちの間ではやりました。
北京放送から送られてくるエアメールは、とても分厚く、
べリカードだけでなく、番組表や北京放送バッチなど、
心ときめかせながら封筒を開けたものでした。
その中でも、特に驚いたのが、折り紙を繊細に切り抜いたパンダや、『中日友好』の雪洞の前でほほ笑む二人の少女。
世の中に、こんなに美しい細工があるのだろうかと、息をのんだのを覚えています。
それから数年後、学生時代に所属していた美術研究会で、切り絵の制作方法を身に着け
(・・といっても、そう難しい方法ではありませんでした)、
その後システムエンジニアとして忙しい日々の中、
すこしずつ作品を制作し、公募展に入選、入賞するまでになりました。
刀で切った線が持つ独特の風合い、力強さを生かし、これからも作品を制作してゆきます。
『Cutting Black Paper』 is the traditional way of arts and crafts of the Chinese ancient times.
The line cut with a penknife has forcefulness and delicacy which can’t be expressed by a brush.
I’m manufacturing a work in the motif of the landscape of the destination mainly using this technique.