モンゴル

花咲くモンゴル大草原の森で見た生涯忘れえぬ風景

『モンゴル』大草原での乗馬教室の初日

乗馬経験ゼロの私達夫婦は
2人の遊牧民マスターの手厚いサポートで

目にも眩しい大草原の鮮やかな風景を
堪能することができました。

1時間の乗馬トレッキングも終盤
『そらのいえ』のゲル群が間近に見えたころ

先導の遊牧民ヤングマスターと、私達夫婦は
そろって落馬するという珍事が発生

乗馬体験初日で、はやくも落馬を体験した私達夫婦

乗馬が怖くなって、それ以降の乗馬教室はキャンセルし
ゲルに引きこもってしまったのでしょうか?

いえいえ

落馬を経験したことで、かえって度胸がつきましたし

同じツアーに参加する旅のベテランお二人が
『バンテリン』や『タイガーバーム』を下さり
痛めた腰や手首に使わせていただきました。

それに、『そらのいえ』のスタッフの方が
お昼前にもかかわらず
すぐに露天風呂を入れて下さいました。

皆さまのご親切に勇気づけられ
午後の乗馬にチャレンジ

『モンゴル』で最も美しい大草原で
一生忘れえぬ、素晴らしい光景に
出会うことが、できたのでございます。

その時のことについて、お話しさせて下さい。

続きを読む

モンゴルのお土産ーウランバートルで買えるおすすめアイテム

モンゴル8日間の旅も 終盤の7日目

『ウランバートル』にて市内観光をしております。

帰国も間近になりますと
いろいろとお土産の事を思案せねばなりませぬな。

これがまた、結構頭の痛い話でございます。

そこで、『ウランバートル』でおすすめのアイテムと
お買い物スポットについて、お話しいたします。

続きを読む

大草原から大都会へー経済急発展とカオスの街ウランバートル

『モンゴル』大草原8日間の旅も
終わりに近づいております。

一晩を過ごした砂漠のツーリストキャンプ『バヤンゴビ』を後に
『ウランバートル』へと戻ります。

急速な経済発展を遂げる『モンゴル』

『ウランバートル』の街は
至る所に建設中のビルが立ち並びます。

しかしながら、インフラ整備が追いつかない様子

所々、土がむき出しの道路には、夥しい数の車が渋滞し
その合間を縫って人々が道路を横断するさまは
見ているこちらが怖くなってまいります。

この活気に満ちた『カオス』の街の様子について
お話しさせてくださいませ。

続きを読む

モンゴル砂漠地帯の虹に感動!キャンプゲル『バヤンゴビ』

『モンゴル』大草原8日間ツアーも
もはや6日目を迎えております。

首都『ウランバートル』から大草原を
ワゴン車でひたすら西へ470キロ

『ハンガイ山脈』の麓『ツァガンスム』より折り返し
ふたたび『ウランバートル』を目指す旅でございます。

往路は、9時間半におよぶワゴン車の旅
復路は、少々余裕がございます。

中間地点『ブルド』のツーリスト・キャンプ
『バヤン・ゴビ』で一泊いたします。

『モンゴル』の砂漠地帯『ブルド』

輝くほどの若草が、はるか地平線まで続く大草原とは
また一味違う美しさがございます。

砂漠の彼方に、くっきりと突如出現した『虹』

思わず、息をのむほどの
すばらしい光景でございました。

続きを読む

モンゴル帝国の遺跡-異なる民族と宗教が共存した都市国家跡



『モンゴル』の首都『ウランバートル』から南西に370キロ

周囲は、見渡す限りの大草原の町『ハラホリン』

ここに

かつて800年の昔に『ユーラシア大陸』を席捲した
『モンゴル帝国』の首都の跡がございます。

『エルデニ・ゾー』

広大な空と果てしない平原の境界線に
突如出現する城壁と
天に向かってそびえる108の仏塔

この城壁の中に、私達の創造を超える都市国家が
繁栄を極めたことが、近年

モンゴルとロシアの調査団によって
徐々に解明されてまいりました。

続きを読む

モンゴル大草原『そらのいえ』は格別だが一般的なゲル・ホテルも快適!!

モンゴル8日間の旅も5日目を迎えました。

ハンガイ山脈の麓『ツァガンスム』の大草原で
5日間を過ごした『そらのいえ』ともお別れし
ふたたび『ウランバートル』を目指し
大草原横断の旅が始まります。

さてモンゴルでは、『ウランバートル』を一歩出ますと
辺りは一面の大草原でございます。

旅の途中の寝泊まりはどうするのでしょうか?

大草原にテントを持参?
遊牧民のゲルに泊めてもらう?

はい。その方法もございますが
大草原には、旅行者用の施設
『ツーリストキャンプ』がございます。

やはり、ゲルに宿泊いたしますが
シャワー室や水洗トイレが完備された
設備もございますし
レストランゲルで、お食事もいただけます。
もちろん、各ゲルには電気が点き
電源コンセントもございます。

大草原では、この『ツーリストキャンプ』が
いわばホテルでございます。

『ウランバートル』への
道無き道を進む途中で
『ハラホリン』という町に立ち寄り
ごく一般的な『ツーリストキャンプ』を見てまいりましたので
その時のお話しを、させていただきます。

『モンゴル』大草原をゆくツアーでは
この『ツーリスト・キャンプ』での宿泊を前提に
プログラムが組まれたものが多いと存じますので
ご参考になれば幸いでございます。

続きを読む

これさえ守れば大丈夫!モンゴル乗馬初心者7つの注意点

 

『モンゴル』大草原の乗馬教室も
最終日である3日目を迎えました。

それまで乗馬経験ゼロの私達夫婦も
2人の遊牧民マスターから手ほどきを受け

大草原の乗馬トレッキングを堪能することができました。

ここで、この乗馬教室で学んだ事を
復習いたしましょう。

乗馬初心者の方でも、これさえ守れば
安心して乗馬トレッキングを楽しむことができる
7つの項目について、お話しさせていただきます。

続きを読む

乗馬あり!温泉あり!モンゴル大草原ゆったり午後の過ごし方


モンゴル大草原乗馬ツアーも、4日目を迎えました。

8月の『モンゴル』は、大草原が最も美しく輝く時期でございます。

果てしなく続く、抜けるような青空と
若草色に輝く大草原

ここでは、時間の流れも、ゆったりとしております。

普段、『日本』の『横浜』で
追い立てられるように、忙しく過ごしている私達

猛スピードで過ぎ去った時間とゆとりを

ここ『モンゴル』の大草原で
取り戻すことが、できそうな気がいたします。

そんな大草原での、ゆったり午後の過ごし方について
お話しさせてくださいませ。

続きを読む

モンゴル乗馬トレッキングで大草原のモニュメントを巡る

『ウランバートル』から西へ470キロ

『モンゴル』で最も美しいと言われる
『ハンガイ山脈』の麓『ツァガンスム』で

私達夫婦は、乗馬トレッキングツアーに参加しております。

乗馬は全くの初心者である私達夫婦も
2日目ともなれば、少しずつ慣れてまいります。

『モンゴル』の大草原には、果たして本当に
『大草原』が広がるのみなのでしょうか?

いえいえ実は

『大草原』には、ユニークな見どころがございます。

『モンゴル皇帝』の宮殿後や
『オボー』と呼ばれる『道しるべ』

乗馬トレッキングで出会った
大草原の独創的なモニュメントについて
お話しいたします。

続きを読む