ネパール

ヒマラヤの麓『つきのいえ』湯ったりのんびりな時間の過ごし方

『アンナプルナ連邦』の玄関口
『ダンプス村』の一角に
ひっそりと建つ癒しのロッジ『つきのいえ』

『ヒマラヤトレッキング』を
余すところなく堪能するのも大変結構でございますが

あえて何もせず
『つきのいえ』のお庭の
山の斜面に面した低い石垣の前の椅子に腰掛け

トゥルさんが入れてくださる紅茶を飲みながら

目の前に広がる広大な山々と
美しいカーブを描く棚田を行く人々を
日がな一日ぼーっと眺めているだけで

幸福感にどっぷりと浸かれるのでございます。

さらに、『つきのいえ』には
山々を見渡しながら、湯ったり漬かれるの露天風呂が!!

日常生活で追い立てられるように
忙しく過ぎて行く日々

『ヒマラヤ』の麓に静か村で
なにもせずただのんびりと過ごす

これぞ贅沢の極みと申せましょう。

続きを読む

さよならネパール

 

『ネパールヒマラヤトレッキング7日間』の旅も
いよいよ6日目

『カトマンズ』市内にあるレストランで
伝統舞踊を鑑賞しながら
最後のディナーをいただきます。

そして
日付が変わる頃に、『カトマンズ』に別れを告げ
『広州』を経由して『日本』に帰国いたします。

世界でも、最貧国と言われる『ネパール』

2015年5月に『カトマンズ』を襲った大地震の爪痕が残る中
人々は笑顔で逞しく、日々の生活をおくっておられます。

『アンナプルナ』の麓
『ダンプス』や『アスタムコット』では
厳しくも美しい自然とともに生きる人々の
輝くような瞳が印象的でした。

はたして、『ものが豊かなこと』は
『幸せなこと』なのでしょうか?

いろいろと考えさせられることが
多い旅でもございました。

続きを読む

カトマンズ中心街からタクシーで往復2時間で行ける世界遺産

神々と人々が同居する不思議な街『カトマンズ』

路地の両側に軒を連ねる
服屋さん 雑貨屋さん
お茶屋さん レストラン

どこに視線を移しても
目に飛び込んでくる鮮やかな色彩に
おもわず気持ちもうきうきとしてまいります。

そんな『カトマンズ』の街の中心部から
タクシーで2時間もあれば
行って帰ってくることのできる名所がございます。

『スワヤンブナート』

山の上に建つ仏塔は
『カトマンズ』がまだ湖であった頃より
この地を見守り続けているのだとか

仏塔の側面に描かれた
特徴的な四つの顔 八つの目は
森羅万象を見通すと伝えられております。

タルチョのたなびく境内から
『カトマンズ』の街全体を
見渡すことができるのでございます。

続きを読む

ネパール第2の都市-湖畔の町ポカラはインフラ整備と教育ラッシュ?!

 

『カトマンズ』より西に200キロ
『アンナプルナ連峰』の麓の街『ポカラ』

『フェワ湖』に面した静かで美しい
牧歌的なイメージを描いておりましたが

実際に来てみてびっくり!
イメージとは少しかけ離れたものがございます。

ひっきりなしに行き来する車やバイクで
埋め尽くされた道路は
道の両側が、道路幅拡張工事のため
地面が掘り返され
赤土の山になっております。

そこを歩いて行かれる
美しい制服に身を包んだ
高校生のお兄さんお姉さん達

経済の発展ぶりにインフラ整備が追いついておらず

高まる教育熱に後押しされ
どんどん私立高校が増えていっているのだそうです。

良い高校を卒業して
アメリカやヨーロッパ
オーストラリアにわたり仕事に就く。

こうして得られた外貨によって
『ネパール』の経済は支えられているとも言われております。

『ダンプス』や『アスタムコット』で
のんびりと夢のような生活を満喫した私達夫婦

下山するや否や
早くも都会に戻ってきた感覚に襲われたのでございます。

続きを読む

幕の内弁当・とんかつ定食・ほくほくの天婦羅!ヒマラヤで頂く本格和食!

今や『ユネスコ』の無形文化遺産として
世界中で愛されている『日本食』

ここ『ヒマラヤ山脈』の麓『アスタムコット』にある
リゾートコテージ『はなのいえ』で
日本の料亭顔負けの『和食』が頂けることを
ご存知の方は、そう多くは無いでしょう。

ネパール人の『はなのいえ』のシェフ
かつて『日本』から招いた2人の料理人から『和食』を学ばれ
『幕内弁当』や『トンカツ』
『天ぷら』までも
本格的な『和食』を饗してくださるのでございます。

続きを読む

ヒマラヤの麓アスタム・コット村訪問-水汲み場で談笑する女性たち

 

『ヒマラヤ・アンナプルナ連邦』の麓
有機農園に囲まれたリゾートコテージ
『はなのいえ』には

『アスタムコット』の村の人々が
スタッフとして

私達に心温まるおもてなしや
有機農園で採れた新鮮な食材をふんだんに使った
美味しいお料理を提供してくださいます。

『アスタムコット』の村は
『はなのいえ』から、歩いて15分ほど

ジャカランダの咲き乱れる山道を歩いてゆくと

農作業の合間に水汲み場で談笑するご婦人たち

『アスタムコット小学校』

近年この地に増えつつある、『リゾートコテージ』で
働く人々に、お会いできました。

続きを読む

ヒマラヤの麓リゾートコテージ『はなのいえ』オーガニック農園を探検

『ヒマラヤ山脈』の麓の村『アスタムコット』にある
リゾートコテージ『はなのいえ』

5ヘクタールの有機農園では
様々な野菜や果物が栽培されており

ここで収穫された新鮮な食材が
美味しいお料理となって
『はなのいえ』のテーブルに並ぶのでございます。

『はなのいえ』の有機農園

異なる種類の植物を組み合わせて植えることにより
農薬を使わずに害虫を寄せ付けないようにしたり

バイオガスシステムにより、家畜の糞からガスを精製したりと
様々な工夫と技術が導入されております。

それでは、ガイドのラジェスさんのご案内で
『はなのいえ』の有機農園探検ツアーに
出かけましょう。

続きを読む

ネパールのどぶろく?『ロキシ』で乾杯!暮色の『はなのいえ』で

 

私達夫婦は
『ヒマラヤ』の麓『アスタムコット』にある
有機農園に囲まれたリゾートコテージ
『はなのいえ』に2泊3日の滞在をしております。

『はなのいえ』初日は
『ダンプス村』の『つきのいえ』から
2時間半のトレッキングで
少々疲れた足腰を
『五右衛門風呂』でゆっくりとほぐします。

さっぱりとしたところで
レストラン棟の前の庭のテーブルに座り
暮れゆく山々を眺めながら
『ネパール』の地酒『ロキシー』をいただきます。

『ロキシー』は、『ネパール』の家庭で作られる
シコクビエや米を原料とした蒸留酒で

各ご家庭によって風味も様々だそうですが

『はなのいえ』で頂く『ロキシー』は
さっぱりとして飲みやすいのでございます。

おや、スタッフの方々も集まってこられました。

それでは、日本から持ってきた『三線』を弾いて
唄わせていただきます。

これぞ『はなのいえ』の夕暮れ時の過ごし方と申せましょう。

続きを読む

ネパール・アスタム・コットのリゾート『はなのいえ』はまるで『赤毛のアン』の世界!?

『アンナプルナ連邦』の麓

標高1,600メートルの村
『アスタムコット』にあるリゾートコテージ
『はなのいえ』にまいりました。

4ヘクタールの有機農園に囲まれ

2人部屋ふた部屋一棟のコテージが5棟

暖炉や書斎のあるロビー棟
ダイニングと厨房棟

そして『つきのいえ』同様
『五右衛門風呂』のあるシャワー棟

がございます。

花々が咲き乱れる有機農園に点在する
ダークグレーの石の瓦屋根
イエローオーカーの石の壁を持つ
美しいコテージは、まさに夢の世界

コテージのベランダの椅子に腰掛け
目の前に広がる有機農園と
彼方の山々を眺めているだけで
なんとも幸せな気分に包まれてまいります。

また有機農園で収穫された
新鮮な食材をふんだんに使ったお料理は絶品

特に『日本』の料亭も顔負けの
本格的な『和食』には
驚くばかりでございます。

続きを読む

ヒマラヤの麓ダンプスからアスタムコットまで初心者でも安心のトレッキングコース

ヒマラヤトレッキング』7日間の旅も中盤の4日目

『アンナプルナ連邦』の玄関口
『ダンプス村』の癒しのロッジ『つきのいえ』とお別れし
約3時間の予定で『アスタムコット』までトレッキングいたします。

3時間のトレッキングと申しますと
かなりしんどいとお感じになるかもしれませぬが

『ダンプス』から『アスタムコット』までの道のりは
時折山道を上り下りいたしますが、おおむね
やや下り坂の比較的平坦な道で

私達夫婦のように『ヒマラヤトレッキング』初心者でも
安心して楽しめるコースでございます。

彼方に広がる山々と、美しいカーブを描く棚田を眺めながら
ゆっくりと歩いてまいります。

右手の空には、『アンナプルナサウス』が
うっすらと見えております。

『アスタムコット』も近くなった頃
『カサンチョーク』を見下ろす絶壁の木立の陰で小休止をした時のこと

とてもお元気な『ネパールのおばあ』にお会いいたしました。

続きを読む