ラオス

円からキープへの両替はルアンパバーンの両替所がお得。こまめに使う分だけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外国に旅行に行く際
現地のお金をいくらぐらい持って行くか?

また日本円から現地のお金に両替するのは
どこでしたら良いか?

毎回、悩んでしまうお話でございますな。

しかしながら
こと『ラオス』の『ルアンパバーン』に関しましては
わりと気が楽でございます。

『ルアンパバーン』の街には
至る所に両替所がございまして

『日本円』から『キープ』への両替も可能でございます。

またレートも、どの両替所でも
若干の差はございますが、ほぼ均一な感じがいたします。

いづれにいたしましても
空港で両替するよりもお得ですし

レストランではクレジットカードも利用できますので
『シーサワンウオン通り』のナイトマーケットで、ちょっとお買い物

といった時は

両替所でお気軽に『日本円』から『キープ』に両替いただけます。

続きを読む

ルアンパバーンならではのフランス料理フルコースがいただけるお店

『ルアンパバーン』5日間の旅も最終日

正午にホテルをチェックアウトし
空港へのお迎えが来る3時半まで
ホテルで荷物を預かってもらい

『ルアンパバーン』の街を散策いたします。

軽く、お昼ご飯でも食べようと
ふらっと入ってしまいましたのが
『ル・エレファント』

実は『ルアンパバーン』でも有名な
高級レストランでございます。

折しも『クリスマスイブ』で
メニューは
『クリスマスディナーコース』
のみでございました。

入ってちょっと後悔いたしましたが
『ルアンパバーン』最後の日
ちょっと贅沢しても良いかなと思い直し

オーダーをいたします。

『クリスマスディナーコース』オンリーとはいえ

前菜やメインディッシュは
4種類の中からチョイスできます。

『フランス料理』のフルコースでございますが

『メコン川』の悠久の流れとともに、悠久の時を経て
今なお世界中の人々を魅了する古都の恵みを
ふんだんに使ったお料理の数々・・・

もはやお腹いっぱいの状態もどこへやら

号かなデザートも、あっという間に平らげ

お店を出るころには、
歩けないくらいでございました。

『ルアンパバーンの物価は
観光地価格と言われておりますが

フルコースをいただき
ドリンクをつけましても
1人1万円でお釣りがくるくらい

『日本』では、忙しい日々を頑張っておられるあなた様

『』ルアンパバーンにお越しの際には
日頃のご褒美として
『ルエレファント』でちょっと贅沢な
『ルアンパバーン』ならではの
フルコースをお楽しみいただくのも
宜しいかと存じます。

続きを読む

ルアンパバーン最大の寺院ー翼のごときワット・シェントーン

『ルアンパバーン』最大の寺院『ワットシェントーン』

『タイ』の『ワットプラケオ』のように
壮大かつ黄金の塔がそびえ立つというわけでもなく

『カンボジア』の『アンコールワット』のように
荘厳で神秘に満ちているというわけでもございません。

しかしながら『ルアンパバーン様式』と呼ばれる
美しい屋根が地面近くまで垂れ下がった独特のフォルムは、優雅そのもの。

まるで『白鳥』が湖面に降り立ち
羽を休めているような姿を連想いたします。

『ルアンパバーン』には
街の至る所に大小様々な寺院が点在しております。

その中でも
『ルアンパバーン』で最も大きく美しいとされる

『ワットシェントーン』

『ランサーン王朝』時代に建立され
『シーサワンウオン王』の誕生の地と言われるこの寺院

美しい屋根が地上近くまで垂れ下がる
『ルアンパバーン様式』によって
その優雅な姿で、訪れる人々を魅了します。

また、本堂横の『レッドチャペル』には
『シーサワンウオン王』逝去の際に
柩を運んだ龍の霊柩輿が安置されております。

『ワットシェントーン』は
『ルアンパバーン』の街の東側
『メコン川』と『カーン川』の合流点のあたりにございます。

大きな寺院ですので、すぐにお判りになるかと存じます。

入場は9時から17時まで
お一人30,000キープ(日本円でおおよそ400円)でございます。

続きを読む

ルアンパバーンを一望できる人気スポット・プーシーの丘

ただでさえ小さく狭い丘の頂上に
夥しい人々の群れが押し寄せます。

すれ違うのもやっとの状況の中で
丘の頂上に建つ黄金色の寺院を
ようやく一周できました。

丘の一角にある錆びついた砲台は
かつてここが戦場であったことを
無言で物語っていますが

ひしめき合う人々の視線は

眼下に広がる『ルアンパバーン』の街並みと
悠久の流れを育む『メコン川』と『カーン川』

その先に広がる山々の稜線に
沈みゆく夕日に注がれております。

いまや『世界遺産』の街として名高い
『ルアンパバーン』

『アジア』から
『アメリカ』から
『ヨーロッパ』から
『南半球』から

国境を越え海を越え、この地にやってきた人々

言語も宗教観も文化も、肌の色も違う人々が

この狭い丘の上にこぞって集まり

そろって同じ方向を、笑顔で見つめます。

彼らの視線の先にあるのは

森と川と寺院に囲まれた静かなこの街を照らし
山々の稜線にゆっくりとに沈みゆく太陽

彼らに答えるように
黄金色の柔らかな光が、その笑顔を照らします。

続きを読む

ルアンパバーン驚愕の秘境『パクウー洞窟』絶壁と4000体の仏像

『ルアンパバーン』の現地クルーズツアー
『ナヴァ・メコン・パクウー洞窟クルーズ』に参加しております。

大型リバーボート『ナヴァ・メコン号』は
褐色の雄大な『メコン川』をさかのぼること約1時間

『バーン・サン・ハイ』の村に寄港いたします。

木の桟橋から岸辺の坂道を登ってまいりますと
お酒の蒸留所があり、店頭でお酒を販売しております。

ラオスの焼酎やワイン
昆虫やヘビの入ったお酒など
見ているだけで楽しくなってまいります。

さらに進むと、鮮やかな織物を
たくさん揃えたお店が連なり

そのさらに奥には、立派な寺院がございました。

『バーン・サン・ハイ』の村をあとに
『ナヴァ・メコン号』はさらに『メコン川』をさかのぼります。

流れの正面に、突然現れた
屏風のような絶壁

その真ん中には、鬼の口のような洞窟が・・

驚愕の『パクウーの洞窟』が
視界いっぱいに迫ってまいります。

続きを読む

ルアンパバーンのおすすめランチクルーズツアー・パクウー洞窟探検

『アジア最後の桃源郷』と謳われた
『ラオス』北部の世界遺産の街『ルアンパバーン』

せっかく訪れたのですから
その周辺の秘境をも探検してみたいもの

まさにぴったりの現地ツアーがございます。

ナヴァ・メコン-パクウー洞窟クルーズ

リバーボート『ナヴァ・メコン号』に乗船し
褐色の豊かな水面を湛える『メコン川』を
上流へと遡り

そびえたつ絶壁の中腹にある
4,000体もの仏像がおかれた
『パクウーの洞窟』を訪れます。

『ルアンパバーン』の『メコン川』沿いの桟橋から
毎日10:00に出発し、約4時間のコースでございます。

ウエルカムドリンクと、ランチがついて
おひとり25ドル。
ただしビール等追加のお飲み物は別途料金が
必要でございます。

『ナヴァ・メコン号』のオーナーは
欧米系の優しそうな若い男性でいらっしゃいます。

『ナヴァ・メコン号』も、他のボートに比べて
大きく、ゴージャスな造りでございます。

お手洗いも船尾に二か所。安心でございます。

当日、10時前に桟橋に行けば
オーナーが迎えてくださって
お気軽にツアーに参加できるかと存じます。

続きを読む

ルアンパバーンで生ビールを飲めるガーデン風レストラン

世界遺産の街として、今や大人気の『ルアンパバーン』

『ラオス』北部の山間の町ですので
『アジア』独特の秘境感あふれる光景を想像しておりましたが

欧米など世界中から旅行者が訪れる街として
非情に洗練された、おしゃれな街でございます。

街の中心部『シーサワンウオン通り』には
さまざまなお店が軒を連ねておりますが

私達の目を惹きましたのは
なんと生ビールの飲めるお店
『ココナッツ・ガーデン・レストラン』でございます。

落ち着いた中庭は
コロニアル風のビアガーデンといった印象で

生ビールとともに
『カオニャオ』や『バッファローのソーセージ』など
この地ならではの珍味を、美味しくいただきました。

そのあとは、暮れ行く空を背景に
通りを埋め尽くす『ナイトマーケット』へと
足を運びます。

続きを読む

ルアンパバーン現地ツアー・タートクアンシー日帰りツアーご準備事項

 

『ルアンパバーン』現地旅行会社

『タイガートレイル社』の日帰りツアー
『タートクアンシー半日トレッキングコース』
に参加いたしました。

工程はおおよそ以下の通りでございます。

①午前中に『ルアンパバーン』の『タイガートレイル社』オフィス前から
ワゴン車で約1時間、『モン族』の村『バンロング』に到着。

②『バンロング』から徒歩で約4時間、山道をハイキング。
途中『タートクアンシー』の源流がある広場でお昼ご飯。
休憩後さらに歩いて
『タートクアンシー』の滝の上に到着。

③『タートクアンシー』の滝に沿って、階段で滝の下まで。
水着をお持ちなら滝で泳ぐことも可能でございます。

④『タートクアンシー』から
『ルアンパバーン』のご宿泊ホテルまでワゴン車で送迎。

<ツアーに参加される際のご注意点>

①山道を約4時間歩きますので
小さなもので結構です。
両手が使えるリュックかディパックをお持ち下さい。

②歩きやすいスニーカー
できましたらトレッキングシューズをお履き下さい。
起伏のある山道を歩きます。

ところどころ岩場や滑りやすい場所も。。
特に『タートクアンシー』の滝の上から
下まで降りる階段は水に濡れており
大変滑りやすいのでご注意下さいませ。

③昼になりますと気温が上昇いたします。
私達が訪れたクリスマスの時期でも
日本の初夏の陽気でございました。

Tシャツ小と長ズボンなど
涼しく動きやすい服装が宜しいかと存じます。

またリュックの中に
タオルを入れておきますと、安心でございます。

④『バンロング』の村を出る際に
ガイドから、ペットボトル入りのミネラルウオーターが
2本配られます。

リュックに入れていただき
こまめに水分補給なさってくださいませ。

⑤トイレは、少し離れて森の中の茂みの陰に入れば
どこからも見えなくなりますので
我慢せず、ご遠慮なくガイドにお申し付けくださいませ。

続きを読む

タイガートレイル社はルアンパバーンで信頼と安心の旅行代理店

世界遺産の街として今や世界中で大人気の
『ルアンパバーン』

街自体は決して大きくはなく
1日あれば歩いて回れるくらいでございます。

ここはひとつ現地ツアーを申し込み
『ラオス』の秘境まで足を伸ばしてみることと致しましょう。

『ルアンパバーン』現地でおすすめの旅行会社
タイガートレイル

オフィスは『シーサワンウオン通り』沿いにありまして
入り口に実物大の虎のオブジェが置かれておりますので
すぐにわかります。

日帰りツアーと致しまして

『パクウーの洞窟』と『クアンシーの滝』を巡るコース
『ラオ族』の村から山々を歩き『クアンシーの滝』まで行くコース
『エレファントライド』を楽しむコースなどがございます。

私達は山々を歩き『クアンシーの滝』まで行くコースを申し込みました。

英語のガイドさんが案内して下さいます。

『ラオ族』の村までと
『クアンシーの滝』から『ルアンパバーン』までは
ワゴン車で送迎して下さいます。

お水と軽食とフルーツがついております。

続きを読む

ルアンパバーンのホテルのレストランはメコン川沿いのオープンテラス

『メコン川』沿いの古都『ルアンパバーン』

レストランもまた、通りを渡った『メコン川』の
川岸にオープンテラス形式で並んでおります。
テーブルの一角に陣取り
パンやソーセージ
お粥
新鮮な野菜や果物
フルーツジュースやヨーグルトなど
ビュッフェスタイルで頂けます。

スクランブルエッグや
ポーチドエッグも
コックさんがその場で焼いて下さいます。

褐色の水を湛える

悠久の流れを眺めながら

ゆったりといただくお食事とコーヒー

これぞ『アジア』の醍醐味でございますな。

続きを読む