日本

伊豆大島元町港かあちゃんの磯ラーメンとべっこう寿司



『伊豆大島元町港』から徒歩2分

『伊豆大島一周道路』に面した
個性的な外観のお店『かあちゃん』

『竹芝桟橋』への帰りの船を待つ間
ターミナル周辺をぶらりと歩き
たまたま目についたお店に入り
ランチをいただきました。

新鮮な海の幸が盛り沢山の『磯ラーメン』

白身のお魚の切り身をタレに漬け込んだ『べっこう寿司』

どちらも『伊豆大島』ならではの
ゴージャスさにびっくり

海の幸の恵みを
心ゆくまで堪能させていただきました。

続きを読む

大島元町港からバスで30分-波浮の港は神秘の深緑色の海



『伊豆大島』の南に位置する『波浮港』

『昭和』の懐メロとしても名高い景勝地でございます。

『伊豆大島』1泊2日の旅の出ました私達夫婦は
2日目の午後3時台の船で『東京』に戻る前に
『波浮港』まで足を伸ばしました。

『元町港』からバスで35分

『波浮港』は

青緑色の静かな海面を呈した
まことに神秘的な港でございます。

『元町港』から『波浮港』まで
『大島バスー大島陸上競技場行き(波浮港ライン)に乗車いたしまして

10:30 『元町港』出発
11:00 『波浮港』に到着すれどもここでは降りず
11:05 『波浮見晴台』で下車

11:24 終点から折り返してきたバスに再び乗車
11:59 『元町港』に到着

運賃は大人片道670円 往復で1,340円でございます。

元町港より大島バスで



一晩お世話になりました『大島温泉ホテル』様の
送迎バスに乗せていただきまして
『元町港客室ターミナル』に到着

ターミナル正面のロータリーにある
『元町港』のバス停には
ちょうど10:30発の『波浮港ライン』のバスが停車しております。

バスに乗り込み、『元町港』を出発

右手に『太平洋』を見ながら
バスは『大島一周道路』を南に向かって走ります。



実際にバスに乗って移動してみますと
地図で眺めていた場所の距離感や土地感が
よくわかります。

『戸島』や『神津島』が
バスの車窓からもよく見えます。



地層切断目




突然、道路脇の山の斜面に
切り立った崖が出現

細い何層もの曲線が波打っております。



まるで巨大な『バームクーヘン』

長さ640メートル
高さ24メートルの
『地層切断面』でございます。

昭和28年
『大島一周道路』を建設中に
偶然発見されました。

およそ15,000年の歳月をかけ
火山活動によって堆積した地層を

間近に観ることができます。

バスはさらに南へと進み

『波浮港』に到着

この場所は、かつては火山の噴火口でしたが
1703年(元禄16年)の大地震により
その大津波で海と繋がりました。

そして1800年(寛政12年)に
『秋廣平六』という方の指揮のもと
港として整備されました。



深みどり色の、神秘的な海面

岸壁に並ぶ漁船達



ここには、古民家の立ち並ぶ
風情ある街並みがありますが

ここでは下車せず
そのまま乗車いたします。

バスは『波浮港』のバス停から
再び元来た道を引き返し

690円に上がった運賃も
670円に戻ります。

そして坂道を右手に上がり

やがて『波浮見晴台』に到着

ここで下車いたします。



見晴台の下は
山の急斜面

少々気が邪魔になりますが

深みどり色の水をたたえた
すり鉢状の『波浮港』が
眼下に広がります。



ここからは
『波浮港』へと下ってゆく道はございませんので

しばし眼下の風景を、楽しむことといたしましょう。



道路を渡れば、トイレもございます。
比較的綺麗ですので

こちらで済ませておけば、安心でございます。



19分後に

終点の『大島町陸上競技場』に行ったバスが
引き返してまいりました。

再びバスに乗り

『波浮見晴台』を後に坂を下り

再び『波浮港』のバス停へ

乗車を乗せ
引き返したところで

港沿いの道路で工事を行なっており
車線規制がなされておりました。

バスの運転手さん

その1分の停車時間に
ドアを開けてくださいました。



急いで岸壁まで走り

『波浮港』の写真を撮りまくり

再びバスに戻ります。



運転手さん
ありがとうございます。

実は帰り道の途中でも
運転手さん
バスを止めて下さいましたが

私、木々の間から見える『伊豆七島』を撮っただけでございました。

せっかく『地層切断面』で止めてくださったのに
ご配慮に気づかない私

ほとほとダメな奴でございます。

運転手さん
乗客のみなさん

申し訳ございませぬ。

正午近くにバスは『元町港』に到着

運転手さんによくお礼を申し上げまして
バスを降ります。

『元町港』から『波浮港』までのバスの旅

『伊豆大島』を約半周し
訪れた『波浮港』の神秘的な海面の色

一見の価値ありでございます。

是非とも『波浮見晴台』から
大自然が作り上げた不思議な港の全貌を
ご覧いただければと存じます。

正面に三原山!大島温泉ホテルの絶景露天風呂


『伊豆大島』の老舗温泉ホテル

『大島温泉ホテル』

『三原山』の麓
海の彼方に『富士山』を望む絶好のロケーションを誇るホテルに

私達夫婦は一晩お世話になりました。

『伊豆大島』近海の新鮮な魚を使ったお料理

そしてなんと申しましても
『三原山』を目の前に観ながらの露天風呂は

まさしく圧巻でございます。

続きを読む

三原山山頂口からお鉢廻りして大島温泉ホテルまで3時間半コース



『伊豆大島三原山』の火口を歩いて廻る
『お鉢巡り』

眼下にポッカリと巨大な口を開け
岩肌のところどころから煙を吹き出す
『三原山火口』は
まさにスリリングでダイナミック

マグマの温もりを足の裏に感じながら
ザクザクと外輪を歩けば

太陽の光が煌く『太平洋』の洋上に
『伊豆七島』を間近に望むことができます。

『竹芝桟橋』を8:35の『ジェットフォイル』で出発
『伊豆大島岡田港』に10:15に到着
10:35のバスで『三原山山頂口』まで約25分

ここからは徒歩で
『三原山山頂』まで約1時間
『三原山火口』をめぐる『お鉢巡り』に約1時間
『裏砂漠コース(温泉コース)』で樹海を抜け
『大島温泉ホテル』まで約1時間と

徒歩約3半時間のコース
地球の息吹を肌で感じる
スペクタクルな旅に出発いたしましょう。

続きを読む

とこはい号で巡る児島ー下津井ー瀬戸大橋を望む鷲羽山半日コース



『瀬戸内海』と『瀬戸大橋』を間近に観ることのできる
『岡山県倉敷市児島地区』

『明治時代』から『江戸時代』にかけて活躍した『北前船』は
『瀬戸内海』沿岸の街『下津井』に
莫大な富をもたらしました。

『鰊御殿』が軒を連ねる当時の面影を残す『下津井』の街並み

見所満載の『児島エリア』を
『下田バスとこはい号』で巡ります。

コースは以下の通りでございます。

9:30 『JR児島駅』より『とこはい号』に乗車
車内で1日乗車券520円を購入
9:45 『下津井港前』で下車
『しもでん下津井駅跡』で車両見学
『瀬戸大橋』を右手に見ながら
『下津井』の港を散策
『むかし下津井廻船問屋』を見学
11:48 『下津井漁港前』より
『とこはい号』に乗車
11:59 『鷲羽山第二展望台』下車
徒歩で『第二展望台』から『鐘秀峰』に登り
眼下に『瀬戸大橋』を臨む
12:59 『鷲羽山第二展望台』から『とこはい号』乗車
13:15 『児島市民交流センター前』で下車
『児島ジーンズストリート』
『しもでん児島駅跡』を見学し
『JR児島駅』に到着

それでは、早速出発いたしましょう。

続きを読む

敢えて瀬戸大橋を超えない贅沢な旅ー鷲羽山吹上温泉は絶景の名所




『JR岡山駅』より『快速マリンライナー』に乗れば

『瀬戸大橋』を渡って『香川県』に行きたくなるのが人情と申し上げるべきもの

目の前をゴウゴウと音を立てて通り過ぎてゆく
縦横無尽に組み合わされた鉄骨達の向こう側に広がる
美しく穏やかな海と島々を
是非とも見てみたくなります。

しかしながら、その気持ちを抑え
あえてここは
『瀬戸大橋』を渡らずに、その手前の駅
『児島』で下車いたします。

『鷲羽山』周辺は
『瀬戸内』の穏やかな自然が広がる癒しの場所

『江戸時代』より『北前船』の港として栄えた
『下津井』の街には
今もなお古い街並みが残っております。

私達夫婦がお邪魔いたしましたのは
『鷲羽山BLUE RESORT風籠』様

『瀬戸大橋』や
『瀬戸内海』の島々を
お部屋からも
露天風呂からも
間近に観ることのできる
絶好のロケーション

『下津井漁港』で水揚げされた
新鮮な魚介類をふんだんに使った
心温まるお料理を堪能させていただきました。

『瀬戸大橋』の『本州』側の玄関口
『鷲羽山』エリアに
是非一度お立ち寄り下さいませ。

鷲羽山BLUE RESORT風籠




『鷲羽山BLUE RESORT風籠』様へは
『児島駅』からお車で7分程

送迎バスが
14時45分から18時15分まで
毎時145分と15分に出ますので
前日までにホテルにご連絡し
予約してくださいませ。

乗り場は
『児島駅』の改札口を出て左手(山側)の
ロータリー

ジーンズがたくさんぶら下がっている
アーケードのすぐ下でございます。

霧に包まれた瀬戸大橋

雨の降りしきる『児島駅』
傘を閉じて乗り込んだ送迎バスには
私達夫婦2人だけ

バスは『児島駅』を出発し
市街地を抜け
登り坂を上り

トンネルを抜けた瞬間

霧に包まれた『瀬戸大橋』が
視界いっぱいに広がります。



何という幻想的な光景でしょう!

バスは、『瀬戸内海』を見下ろす高台の道路を走り
ほどなくホテルに到着します。



『鷲羽山BLUE RESORT風籠』

6階建て2棟の、立派なホテルでございます。

錦鯉が泳ぐ池のある
立派なロビーへと入り
カウンターでチェックインし

5階のお部屋へと参ります。



お部屋は広々とした和室

窓の外には、霧に包まれた瀬戸大橋が
迫ってくるような
大迫力の光景が広がります。



もし晴れていれば
穏やかな『瀬戸内海』の向こうに
『四国』が見えることでしょう。

しかしながら
霧の中に浮かび上がる『瀬戸大橋』も
とても神秘的でございます。

荷物を下ろし
浴衣に着替え
お茶をいただき、一息

さて、お風呂をいただきましょう。

お風呂は、屋上に大浴場と露天風呂
男性は『浦島の湯』
女性は『天女の湯』
がございます。

エレベーターで屋上に上がりますと
『瀬戸内海』を見渡せる
海抜110メートルのパノラマビューとなっておりますが

あいにくの雨
遠くまでは霧で見えませぬ。

ビューポイントを示したプレートを見て
彼方に見えるであろう島々を想像します。



『浦島の湯』

大浴場からも、ガラス張りの壁を通して景色が見えますが
ここはひとつ、露天風呂へ

霧に包まれた『瀬戸大橋』を見ながら
ゆっくりとお湯に浸かります。



『鷲羽山BLUE RESORT風籠』は
鷲羽山唯一の天然温泉

お湯は無色透明で
熱過ぎもせず
ぬる過ぎもせず
柔らかい感触でございます。

神経痛や筋肉痛
慢性消化器系疾患などに効用があるそうです。

このほか
『山田養鶏場』とコラボレーションした
『はちみつパール風呂』が

女性は2階に
男性は3階にございます。

ほのか黄金色のお湯は
とても贅沢

男性の私でも、肌がすべすべになります。

瀬戸内海の珍味の数々

さて待望のお夕食をいただきます。

お品書きは

一.食前酒
  岡山産葡萄の白ワイン
一.前菜
  菊蕉
  子持烏賊
  磯貝真砂和え
  銀杏ふくさ
  ママカリ南蛮漬け
一.お造り
  鯛、蛸、米米八町あしらい一式
一、煮物
  国産牛すき焼き
一、焼き物
  海鮮陶板焼き
    海老、鮭、烏賊、野菜
一、替り鉢
  蓮根饅頭
一、温物
  茶碗蒸し
一、油物
  瀬戸内産小河豚の唐揚げ
一、吸物
  柚子くわいつみれ、占地、かいわれ
一.魬物
  鯛御飯
一.香物
  三種盛
一.果物
  柿
  カップケーキ
  ロールケーキ




前菜は『瀬戸内海』ならではの
たいへん特徴あるお品々



新鮮な魚介類を
お刺身でいただき
焼き物でいただき




お酒も進んでまいります。



お肉も、すき焼きで
大変ゴージャスでございます。




鯛御飯も香り高く
美味しくいただきました。



バーラウンジにてスタッフの方より耳より情報!

1階のバーカウンターで
珍しいビールを購入



ラウンジには私達夫婦2人だけ
窓際の席に腰掛け、ビールを飲みながら
窓の外を見ます。



夜になり、天気が回復してきているようで
霧が少しずつ晴れてきました。

『暗い方が、夜景がよく見えますかね?』

先程、バーカウンターで
ビールの栓を開けて下さったスタッフの男性が
ラウンジの照明を少し暗くしてくださいました。



『晴れていれば、『高松』の『サンポートタワー』が見えるんですよ。』

なるほど
そこで、スタッフの男性に
いろいろお聞きしましたところ

大変ご親切に、教えていただきました。

『児島』の地は
1962年(昭和42年)に
『倉敷市』『玉島市』『児島市』が合併し
現在の『倉敷市』になりました。

『水島コンビナート』が横たわる
旧三市には、山林や河口など
境界線が曖昧な場所があったそうで

どうもそれらの境界線を
正確に測定することが困難であったこともあり
三市の合併がなされたと言われているそうです。

私達は、『倉敷』と聞くと
美観地区の由緒ある街並みを連想いたしますが

穏やかな『瀬戸内海』と
美しく自然に囲まれた『児島』は

『宇喜多直家』が築いた『備前の国』

独特の歴史と文化が根付いております。

また『江戸時代』から『明治時代』にかけて
『北前船』の寄港地として
『下津井』の街は大変に賑わいました。

軒を並べる商家の街並みが
今でも残っているそうです。

『下津井港』への行き方をお尋ねしましたところ
『下津井電鉄』のバス『とこはい号』が

『児島駅』から『下津井』の街を通り
半時計回りに周遊しているそうで
地図を下さいました。

また名物『蛸飯』についてお伺いしたところ
ここ数年
『蛸』の漁獲量が激減しているそうでございます。

『西日本豪雨』により
陸地に大量に降った雨が『瀬戸内海』に流れ込み
海水の塩分濃度を下げてしまったことや
『地球温暖化』による環境破壊が原因と言われているそうでございます。

スタッフの方に
たくさんの情報をいただくことができました。

ご親切にしていただきまして
ありがとうございます。

地元の方々と交流できますのも
旅の大きな楽しみでございます。

朝日の瀬戸大橋





一夜明けまして雨は上り

瀬戸内海を登る朝日に照らされた『瀬戸大橋』を
間近に観ることができました。



何という素晴らしい光景



美味しい朝ごはんをたくさんいただきまして
今日は『児島』を思い切り堪能したく存じます。

瀬戸内海を臨む児島駅のランチは新鮮なお寿司とビッグな天婦羅



『岡山県倉敷市』の児島地区

『本州』と『四国』を結ぶ『瀬戸大橋』の
『本州』側の玄関口であり

『ジーンズの街』としても有名でございますが

なんと申しましても
『瀬戸内海』の豊かな魚介類を使ったお料理や
お気軽に召し上がれる『おうどん』は大変美味しく

これらを味わう為だけでも
この地を訪れる価値ありでございます。

今回、私達夫婦がお邪魔させて頂きましたのは

『会食菜宴 膳』様
『手打ちうどん つるつる』様

『つるつる』様では
今までに見たことも無いような
ジャンボサイズの『とり天』に
思わずびっくりいたしました。

JR児島駅はジーンズがいっぱい

『岡山県』より『快速マリンライナー』に乗り約20分

『四国』への玄関口『児島駅』に降り立ちます。



ホームからは『瀬戸内海』と
その沿岸に沿って広がる港を一望することができます。

さてと、お昼をだいぶ過ぎまして
お腹が空いてまいりました。

駅周辺で、どこか美味しいランチのお店を
探すといたしましょう。



おや、この自動販売機
なんと『ジーンズ』柄でございます。

さすが『ジーンズ』の街『児島駅』

ベンチやエレベーターも
『ジーンズ』でございます。



ホームから改札口へと
階段を降りてまいります。

振り返ってみますと
階段にも巨大な『ジーンズ』が



改札口を出て、駅のロータリーに

アーケードの上には
たくさんの『ジーンズ』が
洗濯物のようにぶら下がっております。



もはや『ジーンズの聖地』でございますな。
全国津々浦々から
『ジーンズ』を愛する方々が
巡礼においでになるのもうなずける

大変個性あふれる駅でございます。

会食菜宴 膳

ロータリーを『小島公園』に向かって歩き
右に曲がりますと
『武座右衛門通り』の信号がございます。

信号を渡り進みますと
『児島7番街』に出ますので
そこを左手に少し進みますと

『会食菜宴 膳』がございます。



暖簾をくぐりましたのが、午後1時50分

ご主人が『松花堂と握り寿司が最後1セットです。』
と教えて下さいました。

ギリギリで間に合ったようです。

カウンター席を通り抜け
奥には格子で仕切られたテーブル席がございます。



テーブル席に腰掛け
ほっと一息

シンプルながら上品で
落ち着いた雰囲気のお店です。

『日替わり松花ランチ』
『握り寿司ランチ』
ともに1,250円



瀬戸内海で採れた新鮮なお魚の握り寿司
サクサクの天婦羅は
大変美味しゅうございます。


もしこのゴージャスなお食事を
『東京』や『横浜』で食べましたならば
お値段は倍以上することでしょう。


『会食菜宴 膳』様
営業は11時30分から14時30分
18時から23時まで
水曜日がお休みでございます。
お支払いは現金のみとなっております。
ご留意下さいませ。

手打ちうどん つるつる

さて先程の『武左衛門通り』を
山側に向かって歩きますと
『しまむら児島店』様のすぐ先に
メニュウが書かれた大きな看板が
目に入ってまいります。

『手打ちうどん つるつる』様

看板を見ますと

A:かけ小 バラ寿司 日替天 450円
B:肉肉うどん おむすび 日替天 650円
C:かけ小 ミニ天丼 日替天 600円

と、たくさんの品々が書かれております。

これは、迷いますな。

まずは、お店に入りましょう。


お昼の時間をだいぶ過ぎておりましたので
テーブル席がいくつも並ぶ広い店内に
人はまばらでございます。

まずは券売機で
チケットを購入するのですが

メニュウが多すぎて、選ぶのに困ってしまいます。

しばし悩んだ末

私は『F:肉小 稲荷寿司 日替天』600円

を選びました。

カウンターに行き
トレーを取り
チケットをお店の方にお渡ししますと
おうどんを盛って下さいます。

『稲荷寿司』と『日替天』は
並べられているものから
一つずつトレーに取ります。

『日替天』

『とり天』と
『ゴボウ天』がありますが

いずれもジャンボサイズ

こんな大きな天ぷらは
見たことがございませぬ。

私は『とり天』を選びました。

トレーを手に
テーブル席に落ち着き

暖かいおうどんをいただき
ジャンボサイズの『とり天』に
豪快にかじりつきます。


外はサクサク
中は柔らかで

美味しゅうございます。


『とり天』をおうどんに入れ
柔らかくなった衣とともに

おうどんをつるつる
お稲荷さんをパクパク

幸せがこみ上げてまいります。

列車旅の友ー奈良新大阪で買えるハンディサイズのお手頃グルメ



列車の旅には、『軽食』が欠かせませぬな。

あちこち旅をして
美味しいものをたくさん頂き
ちょっとお腹が疲れ気味

小腹が空いてきたけれど
『駅弁』ではちょっと重い・・・

そんなあなた様に
車窓の外に流れる景色を眺めながら
缶ビール片手に、お気軽につまんでいただける

ハンディサイズの
美味しい『軽食』を3つおすすめさせていただきます。

ひとつ目は
『JR奈良駅』1階の『KOHYO』でお買い求めいただける
『笹八 柿の葉寿司3個入りセット』

ふたつ目は
同じく『JR奈良駅』2階の『うめもり』では
『わさび葉寿司』

3つ目は
『JR新大阪駅』の『新幹線』改札口の中の売店でお求めいただける
『オリエンタルベーカリー Kさばサンド』

でございます。

続きを読む

公募展の醍醐味とは?奈良県文化会館の一線美術展に行ってみた



2019年秋

『上野』の『東京都美術館』で開催された
『第70回一線美術展』において
私の作品はみごと『会友賞』を受賞いたしました。

さらに『名古屋』『奈良』巡回展の作品にも
選出されました。

『巡回展』の選抜は、初めてでしたので
思い切って、夫婦で『奈良』に
『巡回展』を観に行くことにいたしました。

格安の『関西』一白ツアーに申し込み
『大阪』市内に宿泊した翌日

『近鉄電車』で『奈良』へ

『巡回展』会場の『奈良県文化会館』は
大変立派な建物で

このような展覧会場で
自らの作品を展示して頂き
他の方々の力作を間近で鑑賞できることは
『公募展』ならではの醍醐味でございます。

続きを読む

初冬の夜空に輝く通天閣と新世界の七福で串カツを堪能



『大阪』を代表する独創的なモニュメント『通天閣』

誰もがご存知の、あまりにも有名なこの名所に
実は私達夫婦は、半世紀以上生きてきたにもかかわらず
訪れたことがございませんでした。

この際、『通天閣』を見に行き
『新世界』で『2度漬け禁止』の『串カツ』をと
思い立ちました次第でございます。

日が落ちて、街のイルミネーションが
美しく輝く『大阪』の街

ホテルのある『阿波座』から
『恵美須町』まで、そぞろ歩きを楽しみ

冬の夜空にくっきりとライトアップされた『通天閣』
その美しさに感動いたしました。

さて、待望の『新世界』に到達した私達夫婦

名物『串カツ』を、思う存分味わいましょう。

今回お邪魔いたしましたのは
『七福』様

『野菜』も
『お肉』も
『海鮮』も

大変美味しく頂きました。

続きを読む