日本

伊豆大島元町港かあちゃんの磯ラーメンとべっこう寿司



『伊豆大島元町港』から徒歩2分

『伊豆大島一周道路』に面した
個性的な外観のお店『かあちゃん』

『竹芝桟橋』への帰りの船を待つ間
ターミナル周辺をぶらりと歩き
たまたま目についたお店に入り
ランチをいただきました。

新鮮な海の幸が盛り沢山の『磯ラーメン』

白身のお魚の切り身をタレに漬け込んだ『べっこう寿司』

どちらも『伊豆大島』ならではの
ゴージャスさにびっくり

海の幸の恵みを
心ゆくまで堪能させていただきました。

続きを読む

大島元町港からバスで30分-波浮の港は神秘の深緑色の海



『伊豆大島』の南に位置する『波浮港』

『昭和』の懐メロとしても名高い景勝地でございます。

『伊豆大島』1泊2日の旅の出ました私達夫婦は
2日目の午後3時台の船で『東京』に戻る前に
『波浮港』まで足を伸ばしました。

『元町港』からバスで35分

『波浮港』は

青緑色の静かな海面を呈した
まことに神秘的な港でございます。

『元町港』から『波浮港』まで
『大島バスー大島陸上競技場行き(波浮港ライン)に乗車いたしまして

10:30 『元町港』出発
11:00 『波浮港』に到着すれどもここでは降りず
11:05 『波浮見晴台』で下車

11:24 終点から折り返してきたバスに再び乗車
11:59 『元町港』に到着

運賃は大人片道670円 往復で1,340円でございます。

続きを読む

正面に三原山!大島温泉ホテルの絶景露天風呂


『伊豆大島』の老舗温泉ホテル

『大島温泉ホテル』

『三原山』の麓
海の彼方に『富士山』を望む絶好のロケーションを誇るホテルに

私達夫婦は一晩お世話になりました。

『伊豆大島』近海の新鮮な魚を使ったお料理

そしてなんと申しましても
『三原山』を目の前に観ながらの露天風呂は

まさしく圧巻でございます。

続きを読む

三原山山頂口からお鉢廻りして大島温泉ホテルまで3時間半コース



『伊豆大島三原山』の火口を歩いて廻る
『お鉢巡り』

眼下にポッカリと巨大な口を開け
岩肌のところどころから煙を吹き出す
『三原山火口』は
まさにスリリングでダイナミック

マグマの温もりを足の裏に感じながら
ザクザクと外輪を歩けば

太陽の光が煌く『太平洋』の洋上に
『伊豆七島』を間近に望むことができます。

『竹芝桟橋』を8:35の『ジェットフォイル』で出発
『伊豆大島岡田港』に10:15に到着
10:35のバスで『三原山山頂口』まで約25分

ここからは徒歩で
『三原山山頂』まで約1時間
『三原山火口』をめぐる『お鉢巡り』に約1時間
『裏砂漠コース(温泉コース)』で樹海を抜け
『大島温泉ホテル』まで約1時間と

徒歩約3半時間のコース
地球の息吹を肌で感じる
スペクタクルな旅に出発いたしましょう。

続きを読む

とこはい号で巡る児島ー下津井ー瀬戸大橋を望む鷲羽山半日コース



『瀬戸内海』と『瀬戸大橋』を間近に観ることのできる
『岡山県倉敷市児島地区』

『明治時代』から『江戸時代』にかけて活躍した『北前船』は
『瀬戸内海』沿岸の街『下津井』に
莫大な富をもたらしました。

『鰊御殿』が軒を連ねる当時の面影を残す『下津井』の街並み

見所満載の『児島エリア』を
『下田バスとこはい号』で巡ります。

コースは以下の通りでございます。

9:30 『JR児島駅』より『とこはい号』に乗車
車内で1日乗車券520円を購入
9:45 『下津井港前』で下車
『しもでん下津井駅跡』で車両見学
『瀬戸大橋』を右手に見ながら
『下津井』の港を散策
『むかし下津井廻船問屋』を見学
11:48 『下津井漁港前』より
『とこはい号』に乗車
11:59 『鷲羽山第二展望台』下車
徒歩で『第二展望台』から『鐘秀峰』に登り
眼下に『瀬戸大橋』を臨む
12:59 『鷲羽山第二展望台』から『とこはい号』乗車
13:15 『児島市民交流センター前』で下車
『児島ジーンズストリート』
『しもでん児島駅跡』を見学し
『JR児島駅』に到着

それでは、早速出発いたしましょう。

続きを読む

敢えて瀬戸大橋を超えない贅沢な旅ー鷲羽山吹上温泉は絶景の名所



『JR岡山駅』より『快速マリンライナー』に乗れば

『瀬戸大橋』を渡って『香川県』に行きたくなるのが人情と申し上げるべきもの

目の前をゴウゴウと音を立てて通り過ぎてゆく
縦横無尽に組み合わされた鉄骨達の向こう側に広がる
美しく穏やかな海と島々を
是非とも見てみたくなります。

しかしながら、その気持ちを抑え
あえてここは
『瀬戸大橋』を渡らずに、その手前の駅
『児島』で下車いたします。

『鷲羽山』周辺は
『瀬戸内』の穏やかな自然が広がる癒しの場所

『江戸時代』より『北前船』の港として栄えた
『下津井』の街には
今もなお古い街並みが残っております。

私達夫婦がお邪魔いたしましたのは
『鷲羽山BLUE RESORT風籠』様

『瀬戸大橋』や
『瀬戸内海』の島々を
お部屋からも
露天風呂からも
間近に観ることのできる
絶好のロケーション

『下津井漁港』で水揚げされた
新鮮な魚介類をふんだんに使った
心温まるお料理を堪能させていただきました。

『瀬戸大橋』の『本州』側の玄関口
『鷲羽山』エリアに
是非一度お立ち寄り下さいませ。

続きを読む

瀬戸内海を臨む児島駅のランチは新鮮なお寿司とビッグな天婦羅



『岡山県倉敷市』の児島地区

『本州』と『四国』を結ぶ『瀬戸大橋』の
『本州』側の玄関口であり

『ジーンズの街』としても有名でございますが

なんと申しましても
『瀬戸内海』の豊かな魚介類を使ったお料理や
お気軽に召し上がれる『おうどん』は大変美味しく

これらを味わう為だけでも
この地を訪れる価値ありでございます。

今回、私達夫婦がお邪魔させて頂きましたのは

『会食菜宴 膳』様
『手打ちうどん つるつる』様

『つるつる』様では
今までに見たことも無いような
ジャンボサイズの『とり天』に
思わずびっくりいたしました。

JR児島駅はジーンズがいっぱい

『岡山県』より『快速マリンライナー』に乗り約20分

『四国』への玄関口『児島駅』に降り立ちます。



ホームからは『瀬戸内海』と
その沿岸に沿って広がる港を一望することができます。

さてと、お昼をだいぶ過ぎまして
お腹が空いてまいりました。

駅周辺で、どこか美味しいランチのお店を
探すといたしましょう。



おや、この自動販売機
なんと『ジーンズ』柄でございます。

さすが『ジーンズ』の街『児島駅』

ベンチやエレベーターも
『ジーンズ』でございます。



ホームから改札口へと
階段を降りてまいります。

振り返ってみますと
階段にも巨大な『ジーンズ』が



改札口を出て、駅のロータリーに

アーケードの上には
たくさんの『ジーンズ』が
洗濯物のようにぶら下がっております。



もはや『ジーンズの聖地』でございますな。
全国津々浦々から
『ジーンズ』を愛する方々が
巡礼においでになるのもうなずける

大変個性あふれる駅でございます。

会食菜宴 膳

ロータリーを『小島公園』に向かって歩き
右に曲がりますと
『武座右衛門通り』の信号がございます。

信号を渡り進みますと
『児島7番街』に出ますので
そこを左手に少し進みますと

『会食菜宴 膳』がございます。



暖簾をくぐりましたのが、午後1時50分

ご主人が『松花堂と握り寿司が最後1セットです。』
と教えて下さいました。

ギリギリで間に合ったようです。

カウンター席を通り抜け
奥には格子で仕切られたテーブル席がございます。



テーブル席に腰掛け
ほっと一息

シンプルながら上品で
落ち着いた雰囲気のお店です。

『日替わり松花ランチ』
『握り寿司ランチ』
ともに1,250円



瀬戸内海で採れた新鮮なお魚の握り寿司
サクサクの天婦羅は
大変美味しゅうございます。


もしこのゴージャスなお食事を
『東京』や『横浜』で食べましたならば
お値段は倍以上することでしょう。


『会食菜宴 膳』様
営業は11時30分から14時30分
18時から23時まで
水曜日がお休みでございます。
お支払いは現金のみとなっております。
ご留意下さいませ。

手打ちうどん つるつる

さて先程の『武左衛門通り』を
山側に向かって歩きますと
『しまむら児島店』様のすぐ先に
メニュウが書かれた大きな看板が
目に入ってまいります。

『手打ちうどん つるつる』様

看板を見ますと

A:かけ小 バラ寿司 日替天 450円
B:肉肉うどん おむすび 日替天 650円
C:かけ小 ミニ天丼 日替天 600円

と、たくさんの品々が書かれております。

これは、迷いますな。

まずは、お店に入りましょう。


お昼の時間をだいぶ過ぎておりましたので
テーブル席がいくつも並ぶ広い店内に
人はまばらでございます。

まずは券売機で
チケットを購入するのですが

メニュウが多すぎて、選ぶのに困ってしまいます。

しばし悩んだ末

私は『F:肉小 稲荷寿司 日替天』600円

を選びました。

カウンターに行き
トレーを取り
チケットをお店の方にお渡ししますと
おうどんを盛って下さいます。

『稲荷寿司』と『日替天』は
並べられているものから
一つずつトレーに取ります。

『日替天』

『とり天』と
『ゴボウ天』がありますが

いずれもジャンボサイズ

こんな大きな天ぷらは
見たことがございませぬ。

私は『とり天』を選びました。

トレーを手に
テーブル席に落ち着き

暖かいおうどんをいただき
ジャンボサイズの『とり天』に
豪快にかじりつきます。


外はサクサク
中は柔らかで

美味しゅうございます。


『とり天』をおうどんに入れ
柔らかくなった衣とともに

おうどんをつるつる
お稲荷さんをパクパク

幸せがこみ上げてまいります。

列車旅の友ー奈良新大阪で買えるハンディサイズのお手頃グルメ



列車の旅には、『軽食』が欠かせませぬな。

あちこち旅をして
美味しいものをたくさん頂き
ちょっとお腹が疲れ気味

小腹が空いてきたけれど
『駅弁』ではちょっと重い・・・

そんなあなた様に
車窓の外に流れる景色を眺めながら
缶ビール片手に、お気軽につまんでいただける

ハンディサイズの
美味しい『軽食』を3つおすすめさせていただきます。

ひとつ目は
『JR奈良駅』1階の『KOHYO』でお買い求めいただける
『笹八 柿の葉寿司3個入りセット』

ふたつ目は
同じく『JR奈良駅』2階の『うめもり』では
『わさび葉寿司』

3つ目は
『JR新大阪駅』の『新幹線』改札口の中の売店でお求めいただける
『オリエンタルベーカリー Kさばサンド』

でございます。

続きを読む

公募展の醍醐味とは?奈良県文化会館の一線美術展に行ってみた



2019年秋

『上野』の『東京都美術館』で開催された
『第70回一線美術展』において
私の作品はみごと『会友賞』を受賞いたしました。

さらに『名古屋』『奈良』巡回展の作品にも
選出されました。

『巡回展』の選抜は、初めてでしたので
思い切って、夫婦で『奈良』に
『巡回展』を観に行くことにいたしました。

格安の『関西』一白ツアーに申し込み
『大阪』市内に宿泊した翌日

『近鉄電車』で『奈良』へ

『巡回展』会場の『奈良県文化会館』は
大変立派な建物で

このような展覧会場で
自らの作品を展示して頂き
他の方々の力作を間近で鑑賞できることは
『公募展』ならではの醍醐味でございます。

続きを読む

初冬の夜空に輝く通天閣と新世界の七福で串カツを堪能



『大阪』を代表する独創的なモニュメント『通天閣』

誰もがご存知の、あまりにも有名なこの名所に
実は私達夫婦は、半世紀以上生きてきたにもかかわらず
訪れたことがございませんでした。

この際、『通天閣』を見に行き
『新世界』で『2度漬け禁止』の『串カツ』をと
思い立ちました次第でございます。

日が落ちて、街のイルミネーションが
美しく輝く『大阪』の街

ホテルのある『阿波座』から
『恵美須町』まで、そぞろ歩きを楽しみ

冬の夜空にくっきりとライトアップされた『通天閣』
その美しさに感動いたしました。

さて、待望の『新世界』に到達した私達夫婦

名物『串カツ』を、思う存分味わいましょう。

今回お邪魔いたしましたのは
『七福』様

『野菜』も
『お肉』も
『海鮮』も

大変美味しく頂きました。

続きを読む