日本

九州のほぼ最北端ー人力車で巡る門司港のレトロな街並み

『九州』のほぼ最北端に位置する『門司』

『関門海峡』を見渡すこの港町には
レトロ感あふれる歴史的建造物が
たくさん存在します。

私達夫婦が『門司』を訪れましたのは
8月の半ば

あまりの暑さのため
贅沢にも『人力車』を利用させていただきまして
『門司港』の歴史的建造物を観て周りました。

JR門司港駅

『福岡駅』より『特急リレーつばめ』と普通列車を乗り継ぎまして
『門司港駅』にやってまいりました。

門司港の駅舎は大正3年(1914年)に建てられました。

列車を降りて改札口を抜けますと
発券所や待合室、売店がございます。

 

木造建築の美しい内装に懐かしさを感じ
心が癒されます。

駅舎から一歩外に出て
建物全体を俯瞰します。

緑色の屋根に白い壁
駅舎は『門』の字を型取っておりまして
落ち着いた堂々とした雰囲気でございます。

 

家内は

夢中になる私を、駅舎の中から見ております。

あまりにも暑く熱中症になりそうなので
私はここで待っているので
あなた1人で見てきたくださいといいます。

ふとロータリーの一角を見ますと
人力車が待機しております。

あれに乗ってみましょうよ
と家内が申しますので

車夫の方にお声をかけ
乗せて頂きます。

少し高い目線から
『門司港』の街の見学ツアーに
出発でございます。

旧大阪商船

八角形の塔が印象的な
朱色と灰色のレンガ造りの建物
実は木造建築でございます。

旧国際友好記念館

『中国』の『大連』と『北九州市』
友好15周年を記念して建てられました。

かつて『ロシア帝国』が1902年に『大連』に建築した
鉄道汽船会社の建物を複製したものでございます。

形状の異なる二つの塔を持つ
赤レンガの建物

複雑な構造ならではの美しさがございます。

旧門司三井倶楽部

黒い外観が印象的な建物

大正10年(1921年)に『三井物産』のクラブハウスとして建てられ

その翌年に『アインシュタイン』が宿泊しています。

その2階の部屋は現在も
『アインシュタインメモリアルルーム』として
公開されております。

さて人力車は、門司の港から市街地ヘ
商店街を抜けて
もとの『門司港駅』に戻ってまいりました。

 

レトロな建築物が其処此処に建つ『門司港』

『人力車』という最も風情のある乗り物で
街を巡りました。

壱岐-玄界灘の島の神々が造りたもうた奇跡のモニュメントとは?

『玄界灘』の島『壱岐』

東西14km 南北17kmの
玄武岩の溶岩台地でできたこの島には

大自然が作り上げた独創的なモニュメントが
島のあちこちに点在しています。

これらのモニュメントは
まるで『壱岐』の神々が
明確な意思と遊び心を持って創りあげたかのようでございます。

それでは、これらの前衛的な作品群を
一つずつ観てまいりましょう。

続きを読む

壱岐の老舗ホテル・ステラコート大安閣で玄界灘の幸をいただく

『玄界灘』に浮かぶ『壱岐』

東西14km
南北17kmと
ほぼ菱形をしたこの島には

大自然が創り出した奇跡のモニュメントが
様々な場所に展開し

訪れる私達を神秘の世界へと引き込んで行きます。

奇跡の島『壱岐』

老舗のホテル『ステラコート大安閣』様に
2晩ほどお世話になりまして

この島のモニュメントを探検いたします。

続きを読む

対馬-玄界灘が育んだ美しい自然と朝鮮通信使からの大陸文化の出会う島

『ハングル文字』で船名が記された貨物船が並ぶ『厳原港』

まるで外国の港に来たように感じます。

ここからタクシーに乗り
港をまわって約5分ほど走ります。

林へと続く土の小道を行くと
突然視界が開け
済んだ碧色の水を湛えた美しい入江が出現します。

入江を隔てた向こう岸には
象牙色の石垣で造られた船着場が
四つほど並んで岸から入江へと伸びております。

続きを読む

博多駅から対馬厳原港へージェットフォイルで玄界灘を渡る

『玄界灘』に浮かぶ島『対馬』

『日本列島』と『朝鮮半島』のほぼ中央位置するこの島は

太古より大陸との交易の重要な拠点として発展してまいりました。

農業 芸術 宗教など様々な大陸文化がこの島に根付き
貴重な文化遺産が数多く残っております。

島の約束9割が山林という自然豊かな環境には
『ツシマヤマネコ』など固有の生態系が生息しています。

『リアス式海岸』が複雑に広がる『浅茅湾』の美しさは

一度目にしたら生涯忘れられないほどでございます。

魅力いっぱいの『対馬』

『厳原港』には、『博多港』から
『ジェットフォイル』で2時間15分で到着いたします。

続きを読む

新蓬平温泉は山間の癒しの里-雪降る露天風呂と日本画のようなお料理

『新潟県長岡市』の市街地から車で約30分

静かな山間の温泉地『蓬平温泉』に一泊2日の旅行をいたしました。

今回お世話になるのは『蓬平温泉』の老舗旅館『和泉屋』様

お部屋から見える山々や河
木々に囲われた立派な農家のお屋敷

椅子に座ってじっと見ているだけで心癒される
素朴な風景でございます。

時折小雪の舞う空を見上げなが
ら露天風呂にゆっくりと浸かり

美しい日本画のようなお料理を堪能いたします。

『東京駅』から『長岡駅』までは
『上越新幹線』で1時間45分

あらかじめ送迎を予約すれば『長岡駅』まで
バスで迎えに来て下さいます。

都心からも行きやすい癒しの温泉の里『蓬平』
是非一度お出かけ下さいませ。

続きを読む

しらさぎの木?姫路城はお堀の周りをそぞろ歩くだけでもすばらしい。

『白鷺城』としてその美しさを讃えられる『姫路城』

『日本』で最も美しいと称される播磨のお城は
1993年に『ユネスコ世界遺産』に登録され
その美しい姿を瞼に焼き付けんと
日々「大勢の人々が訪れます。

私達夫婦は『鳥取県はわい温泉』旅行の帰り道
『姫路駅』で『新幹線』に乗り継ぐ間、途中下車をいたしまして
この世界的に有名なお城を訪ねることといたします。

続きを読む

智頭急行『スーパーはくと6号』で行く倉吉駅から姫路駅の旅

『太平洋側』の街から、『日本海側』の街まで、列車の旅をする

あるいは

『日本海側』の街から『太平洋側』の街まで、列車の旅をする

これほどワクワクする旅はございませぬな。

白い水飛沫とともに、海岸線に容赦なく打ち寄せ荒波の『日本海』

はるか彼方に広がる水平線の『太平洋』

この二つの、それぞれ表情の異なる大海原
海岸沿いに広がる街や駅もまた
それぞれ特徴的であることは

車窓から景色を眺めていても感じることでございます。

そして

『日本海』と『太平洋』の間に広がる
『日本列島』の奥深く険しい山脈

畝畝とした山肌や崖っ淵のような急斜面を
横切るように敷設された鉄路を

猛スピードで軽快に疾走する『振り子式電車』

はるか上に連なる山頂
右に左にと移り行く谷川

車窓に展開するスリリングな景色を見ながら

手元に『ワンカップ』の1本でもあれば
それはもう、極上のひとときでございます。

『智頭急行スーパーはくと6号』の旅

『日本海側』の街『倉吉』から
『太平洋側』の街『姫路』まで

2時間半の列車旅に出発いたしましょう。

続きを読む

鳥取県はわい温泉-望湖楼は日本で唯一湖上の絶景露天風呂!

『日本海側』の地形は複雑ですな 。

『京都』『兵庫』『鳥取』の海岸線は入り組んでおり

『天橋立』の『阿蘇湾』
『小天橋』の『久美浜湾』
『中海』から『宍道湖』など

海岸の一部が砂洲によって隔てられたり

海岸線に近い湖の一部が川によって海に繋がっていたりと
『日本地図』を見ているだけで、なにやら楽しくなってまいります。

それはさておきまして、この度
『鳥取県倉吉市』にある汽水湖
『東郷池』に行ってまいりました。

この『東郷池』
日本に幾つか存在する『汽水湖』の中で
最も特徴的な点がございます。

湖の底から温泉が湧いているのでございます。

その名も『はわい温泉』

日本で唯一、湖の上にある露天風呂
『望湖楼』様にお邪魔いたしました。

続きを読む

白壁倶楽部のランチを是非!!鳥取県倉吉市の白壁土蔵群を歩く

 

『鳥取県倉吉市』の観光名所『白壁土蔵群』

太古の昔
『天女』が舞い降りたという伝説のある
『打吹山』から流れ出る『玉川』に沿って
美しい古民家や造り酒屋が並びます。

『打吹玉川地区』はかつて
『鳥取藩主池田家』の家老『荒尾氏』が統治する
『打吹城』の城下町として栄えました。

『江戸時代』の『一国一城制度』により
『打吹城』は廃城となってしまいましたが

美しい街並みは現代まで保存され
国の重要伝統的建造物保存地区に指定されております。

この『白壁土蔵群』の街中にある
『白壁倶楽部』にてランチを頂きます。

明治41年に建設された
『旧国立第三銀行倉吉支店』の建物を改装した
実におしゃれなレストランでございます。

シェフの心のこもった贅沢なメニュウ
楽しみでございます。

続きを読む