ロシア

これぞ旅グルメ。地元スーパーでビールとお惣菜を調達しホテルのお部屋で乾杯

『お食事』は旅行の最も大きな醍醐味のひとつでございますな。

訪れる街のグルメ情報を色々と調べ

1日目はあのお店
2日目はこのレストラン

と、出掛ける前から計画するのは
大変楽しいものでございます。

しかし、実際に旅に出てみますと
朝昼晩と、ご馳走ばかり食べているため

旅の中盤以降は、いつもお腹がいっぱい
ということもございます。

現地の有名レストランを食べ歩く

というのも宜しゅうございますが

ここでひとつ

地元のスーパーマーケットやお店を廻り
お惣菜やビールを買い込んで

ホテルのお部屋で気楽に乾杯

というのも、なかなかよいものでございます。

地元の人々に混じってお買い物をすることで
親しみが湧いてまいりますし
思わぬ美味しいお惣菜に廻り会うこともしばしば

ホテルのお部屋の窓から見える景色や
地元テレビ番組(言葉はわかりませぬが)をつまみにビールとお惣菜をいただき

疲れたら、シャワーを浴びてベッドに横になる

なかなか気楽なものでございます。

続きを読む

シャーマン岩-バイカル湖からアンガラ川への河口に立つ神秘の岩

『バイカル湖』から『アンガラ川』にそそぐ河口の真ん中に

まるで剣先のように突き出た『シャーマン岩』

古くよりこの地に住む人々は
この不思議な岩には

奇跡の力が宿っていると信じておりました。

この岩の上で、ある時は神聖な儀式が行われ

ある時は固い誓いがたてられました。

罪の疑いをかけられたものが
この岩に一晩置かれ

凍死したり溺れたりすることなく朝生きて朝を迎えられれば
無罪になったという言い伝えもございます。

この『シャーマン岩』には、次のようなおとぎ話がございます。

続きを読む

ユジノサハリンスクーホムトヴォ空港から、飛行機でどこへ行けるか?

『サハリン島』の南の空の玄関口
『ユジノサハリンスク・ホムトヴォ空港』

どのような航空会社がこの空港に乗り入れ
どのような国 都市への便が就航しているのか
調べてみました。

『ロシア』国内へは

『モスクワ』
『シベリア』
『極東ロシア』

そして『千島列島』や『カムチャツカ』の街へ

『ロシア』国外へは
『日本』の『成田』
『中国』の『北京』『大連』『ハルピン』

そして『韓国』の『ソウル』への便がございます。

私達夫婦が旅行いたしましたのは
『ユジノサハリンスク』を基点とした
『サハリン』南部の限られたエリアのみでしたが

『ホムトヴォ空港』から飛び立つ飛行機の行き先を調べ
あれこれ想像を膨らませるのも、楽しいものでございます。

続きを読む

まるでメルヘンの街!ハバロフスクのおすすめ観光スポット



『極東ロシア』の都『ハバロフスク』

美しい教会や、可愛らしい建物が軒をつらね
大通りには色とりどりのトロリーバスが走る
まるでメルヘンの街でございます。

『シベリア鉄道で行く8日間の旅』も
いよいよ終盤の7日目

深夜便で『イルクーツク』を発ち
早朝に『ハバロフスク空港』到着

ホテルで仮眠をとり、午後から
『ハバロフスク』を観光いたします。

極東のメルヘン都市の見どころの数々に
ご案内いたしましょう。

続きを読む

シベリア鉄道に乗車する前に現地で買っておくべきもの

いよいよ『シベリア鉄道』に乗り
『ハバロフスク』から『イルクーツク』までの
三日三晩列車の旅が始まります。

『シベリア鉄道』乗車の最終準備といたしまして
食糧調達という作業がございます。

もちろん『日本』からは
カップラーメンやスティックコーヒーを持ち込んでおりますが
新鮮な食材を乗車地で購入しておきたいものでございます。

今日では、『ロシア』でも食品衛生上の規制が厳しくなったようで
以前ほどの駅売りの食品お惣菜も、販売が減ったようでございます。

続きを読む

イルクーツクからバイカル湖にバスで行き湖畔のロッジに宿泊

『イルクーツク』市街より『バイカル湖』
湖畔の街『リストビャンカ』まで
約70キロほどございます。

『リストビャンカ』まで行くには
以下の方法がございます。

①『イルクーツク』市内中心部の『バスターミナル』から
バスに乗ってゆく方法。
②『イルクーツク』市街地から少々離れたところにある
『フェリーターミナル』で『水中翼船』に乗り
『アンガラ川』を登り、『バイカル湖』まで行く方法
③日本の旅行会社で『バイカル湖』を訪れるツアーに
参加する方法。

私達夫婦は③の方法を選択いたしました。
ツアーは『ロシア旅行社』様の『夏のバイカル湖とシベリア鉄道8日間

ベテランの添乗員さんと、現地ガイドさんに案内していただき
とても安心の旅でございます。

ツアー専用観光バスに乗り、大草原の『ウスチオルダ』から
渋滞する夕方の『イルクーツク』市街を抜け
『バイカル湖』湖畔の街『リストビャンカ』の
ロッジに到着したのは、夜の8時30分ごろ

ロッジのご主人のニコライさん
私達をあたたかく迎えてくださいました。

木のぬくもりを感じるダイニングで
楽しみにしておりました
『バイカル湖』名物の『オームリ』を頂きました。

その時の様子を、お話しさせていただきます。

続きを読む

アエロフロートに乗ってみた!設備も機内食もサービスもGOOD!

『ロシア』 のナショナルフラッグキャリア
『アエロフロート』

自国『ロシア』はもとより

『ヨーロッパ』『アジア』と
巨大な航空ネットワークを有しております。

インターネットのレビューを見ますと
『料金は安いがサービスは今ひとつ』
というご意見を目にいたします。

そこで、実際に『アエロフロート』に乗ってみました。

『イルクーツク』から『ハバロフスク』へと向かう国内線でございます。
結論から申し上げれば、『サービスは良好』

でございました。

続きを読む

バイカル湖観光-宿泊はぜひとも心温まる湖畔のロッジで!

 

『バイカル湖』観光にあたり、宿泊先をどこにするか?

大いに悩むところでございます。

『バイカル湖』湖畔の町『リストヴィヤンカ』は
『イルクーツク』の南東70キロの地点に位置するため
バスで片道1時間半ぐらいかかります。

①『イルクーツク』にホテルをとって
『バイカル湖』までバスで行くか?
②『バイカル湖』まで行ってしまい
『リストヴィヤンカ』で宿泊するか?

私は是非②のプランをおすすめいたします。

『リストヴィヤンカ』には、湖畔に沿ってロッジが
たくさんございます。

木の温もりが感じられ
落ち着いた雰囲気のロッジは快適そのもの

お部屋にはトイレシャワールームがついております。

ロッジのご主人やご家族が、暖かいおもてなしをしてくださいますし

ダイニングでは、他のお客様と家族的な雰囲気の中で
『バイカル湖』やダーチャで採れた新鮮な食材を使った家庭料理を
味わうことができるのでございます。

続きを読む

リストビャンカの日本人墓地

『海水浴』ならぬ『湖水浴』の人々で賑わう
『バイカル湖』湖畔の街『リストビャンカ』

世界一の大きさと透明度を誇る湖のほとりからは
対岸は見えず水平線が広がっております。

この神秘の湖の岸辺から少々離れ
山側にある観光スポットを訪れて見たく存じます。 続きを読む