グルメにショッピングにファッションーバンコク最大の娯楽スポット

『バンコク』の比較的新しいナイトスポット『アジアティーク』

『チャオプラヤ川』に沿って広がる広大な敷地に
雑貨屋や洋服屋 お土産屋さんやレストランなど

ありとあらゆるものが集まります。

もともと倉庫が立ち並んでいたこの一帯を改装し
2012年に巨大プレジャーセンターとしてオープンして以来

たくさんの人々で賑わっております。

『アジアティーク』

もしも端から端まで隈なく見るとすれば
おそらく数日はかかることでしょうが

私達は5月の夕暮れのひと時に
少し立ち寄ってみた程度でございます。

その時の印象を、少しばかりお話しさせて頂きます。

行き方

『BTSスカイトレイン 』『サパーンタクシン』駅で下車いたします。

高架線の下の道路を『チャオプラヤ川』に向かって歩きますと
5分程度で川岸の桟橋に到着いたします。

桟橋には有料の観光船も発着しておりますが
桟橋の一番下流側に、『アジアティーク』行きの
無料のシャトルボート乗り場がございますので
これに乗船しまして『チャオプラヤ川』を約15分ほど下りますと
『アジアティーク』に到着いたします。

無料シャトルボートは、夕方の5時半から30分おきに運行されております。

『チャオプラヤ川』

水は決して綺麗とは申せませぬが
『バンコク市内』を流れる大河より
行き来する様々な船や陸地に立ち並ぶ高層ビル群を眺めるのも
また一興でございます。

おしゃれなパスポートカバーの組み合わせに迷う

『アジアティーク』
たくさんのお店がございますが、
おおむね開店は午後6時から

雑貨屋さんで見つけましたのが
パスポートカバー

まず、好きな色のカバーを選びます。
次に金属製の飾りを選びます。
この飾り、船や鳥や動物など、様々なものがあり、迷ってしまいます。

私は、羅針盤の飾りを選びました。

次に付箋にイニシャルを書いてお店の人に渡しますと
約3分でパスポートカバーを仕上げてくださいます。

これで80バーツとは、なかなかリーズナブルでございます。

お店のほとんどは午後6時から

午後6時を過ぎて、お店が開き始め
人々で賑わってまいりました。

お土産屋さん
洋服屋さん
ドラックストア
バッグのお店など
色々まわります。

家内と長女は目を輝かせてショッピングを楽しんでおりますが
お父さんは疲れ気味

ここらで休憩いたしましょう。

リバーサイドのレストランガーデンはおすすめ!

川沿いのレストランのオープンテラスで
暮れゆく『チャオプラヤ川』を眺めながら
生ビールで乾杯でございます。

コメントを残す

*