前日でも申し込みOK!バンコクでおすすめの日帰り現地ツアー

あらかじめ旅行会社によって組まれた日程に従って
名所旧跡を効率的に観光するのも良いのですが

まずは航空券と現地のホテルを確保し

あとはその時の体調や気分
天気によって柔軟に動くというのも、旅の醍醐味ですな。

『タイ』の『バンコク』ならば、そのような旅も
かなりやり易いのかと存じます。

『バンコク』の現地旅行会社『パンダバスツアー』を利用しまして
『メークロン鉄道市場半日ツアー』に参加いたしました。

前日にインターネットで申し込み、決済はクレジット

日本語をお話しになるガイドさんの親切丁寧なご案内で
楽しく快適な旅ができました。

パンダバスツアー

『バンコク』市内に4つの店舗を持つ『パンダバス』

年中無休で営業時間は9時~18時

電話をすれば日本語が通じます。

電話番号は02-656-0026

日本から架ける場合は
『タイ』の国番号『66』をプッシュした後、最初の『0』を外しておかげください。

ツアーは

『バンコク市内三大寺院巡り』
『アユタヤ遺跡巡り』
『ダヌムンサドアック水上マーケットツアー』など

半日もしくは1日の豊富なコースがございます。

メークロン鉄道市場半日ツアー

当日朝の7時30分

通勤ラッシュの『BTSスカイトレイン』で
『チットロム駅』駅前の『インターコンチネンタルバンコク』の1階ロビーに集合いたします。

日本語の話せるガイドさんがいらっしゃるので、すぐにわかりました。

ここで念のため、トイレを済ませておきましょう。
ツアーの参加者は8人程度、いづれも日本の方のようです。

ホテル前からワゴン車に乗り込み、いざ出発。

混み合う『バンコク』中心部を抜け、車は西の方角へと走ってまいります。

田んぼが広がってまいります。
『バンコク』市街へ出るのは、私も初めてでございます。

メークロン駅

『タイ国営鉄道メークロン線』の最終駅
もし車ではなく鉄道で行こうとするならば

『BTSスカイトレイン シーロム線』の『ウオンウイアンヤイ駅』から
『タイ国営鉄道』の同駅まで徒歩で行き

ここから列車で『マハーチャイ駅』まで

渡し舟で『ターチン川』を渡り

向う岸の『バーンレーム駅』
から再び列車に乗り『メークロン駅』にようやく到着ということになります。

いつか体験してみたい行程ではございますが
今回は『パンダバスツアー』で『バンコク』中心部から車で約1時間半弱で到着いたします。

おや、車や人々がだいぶ多くなってまいりました。

いよいよ『メークロン』に到着でございます。

コメントを残す

*