カトマンズで最も個性的なホテル―KAZE・ダルバール・カマルポカリ

『ネパールヒマラヤトレッキング7日間の旅』の初日

早朝に横浜の自宅を出て『カトマンズ』に到着しましたのが
丁度日付が変わる頃

『日本』と『ネパール』の間には3時間15分の時差がございますので
実質20時間を超える行程でございます。

明かりの少ない『カトマンズ』の街を
空港から車で移動すること約10分

本日のお宿に到着いたします。

『kazeダルマールカマルポカリ』

『風の旅行社』様直営のホテルで

かつての貴族の宮殿を改装した
大変美しく、雰囲気のあるホテルでございます。

明かりの少ないカトマンズの街

日付が変わる前に、『トリブバン国際空港』に到着。

現地ガイドのラジェスさんと、無事にお会いすることができました。

車にトランクを積み込み、ホテルに向けて走り出します。

明かりの少ない『カトマンドゥ』の街を、15分ほど走り

今日のお宿『KAZE・ダルバール・カマルポカリ』に到着しました。

個性的なホテル-KAZE・ダルバール・カマルポカリ

落ち着いた雰囲気のロビーで
チェックインを済ませ

ラジェスさんとお別れし、

お部屋に案内されます。

太い木の柱と、白い壁が美しい
広いお部屋でございいます。

『KAZE・ダルバール・カマルポカリ』
昔の貴族の邸宅をリニューアルし

ホテルにしたそうでございます。

まずはトランクを開け
山での暮らしに必要なものを

旅行社に貸していただいた
ダッフルバックに詰め込みます。

そして、シャワーを浴び
一息ついてベッドに入ります。

22時間ぶりに横になり
ほどなく眠りに落ちてまいります。

 

鳥たちのさえずりで目を覚ます

2016年4月29日(金)

鳥たちのさえずりで、目が覚めました。

木の窓を開けると、すでに夜が明けております。

時刻は、午前6時すこし前
4時間くらい、眠ることができました。

顔を洗い、身支度を整え
ホテルの部屋を出ます。

すてきな中庭で

回廊から見る中庭は広く
落ち着いた佇まいに、心が和みます。

この『KAZE・ダルバール・カマルポカリ』は
風の旅行者さんの直営ホテルでございます。

スタッフの方も、日本語をお話しになります。

フロントで、日本円を
ネパール・ルピーに両替していただきます。

お札を数えるのに、勇気を出して

覚えたてのネパール語を使ってみます。

「エク・ドゥイ・ティン・チャール
えーと・・パーンツ・チャ・
サーット・アーット・
ノウ・ダス」

10まで数えることができました。

フロントの男性、日本語で
「いいです!!」と褒めてくださいました。

これで、かなり勇気を頂きました。
思い切って、旅に臨みましょう。

ネパールで本格的な和朝食!

ホテルのレストランで
朝食をいただきます。

知る人ぞ知る
『KAZE・ダルバール・カマルポカリ』の
和食メニューでございます。

私は、『鳥のみそ焼き定食』
家内は、『揚げだし豆腐定食』

味噌汁、やっこ、納豆、卵焼きまで、
ネパールに来て、本格的な
和食を頂けるのでございます。

朝からしっかり、お腹いっぱい
頂きました。

部屋に戻り、旅支度を整え
7時15分に、チェックアウトを終え
ラジェスさんと待ち合わせいたします。

『KAZE・ダルバール・カマルポカリ』には
7時間弱の滞在でございました。

風格あふれる、このホテル
もうすこしゆっくりと
滞在したかったのでございますが

いたし方ございません。

車に乗り込み、ホテルをあとに
ふたたび『トリブバン国際空港』に
向かいます。

車は、空港に向かって
市街地を走ります。

すでに、道路は車やバイクが行き来し
歩道は、人でにぎわっております。

あちこちで鳴り響くクラクション
巻きあがる砂埃

昨晩の、静まり返った街からは
考えられないほど、賑やかでございます。

大震災の爪痕を感じなせないほど
皆さま、ご健勝でいらっしゃいます。

ようございいました。
まずは一安心でございます。

ブーゲンビリアが咲き乱れる
公園の横を通り

車は空港へと向かいます。

コメントを残す

*