四国に新幹線?ホビートレインプラレール号で四万十川をゆく旅

『四国』に『新幹線』?

はい、『四国』にも『新幹線』がございます。

それも『四万十川』沿いの谷間をガタゴトと走る
世界で最もスピードの遅い『新幹線』でございます。

その名も『ホビートレインプラレール号』

実は『キハ32型』の車両を改造し
かつて活躍した『新幹線0系』を模した外装と
『プラレール』のミュージアムとなっている内装は
強烈なインパクトがございます。

この『世界で最もスピードが遅い新幹線』で
『窪川』から『宇和島』までの2時間半の旅をいたしましょう。

窪川駅で出会ったアヴァンギャルドな電車

『窪川駅』で『特急しまんと1号』を下車し
架線橋を渡って隣のホームにまいりますと

奇妙な一両編成の車両に出会います。

白い車体にコバルトブルーのストライプ

『ホビートレインプラレール号』でございます。

進行方向『窪川駅』側のボンネットには
『新幹線0系』を模した外装が取り付けられておりますが
運転席の窓の部分は大きく空洞になっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

進行方向『宇和島駅』側のボンネットには
外装は無く、『新幹線0系』の前面が描かれております。

車内に足を踏み入れると
インディゴ色の内装に
あちこちに配置された透明ケースの中に
『プラレール』が展示されております。

座席の一部は、実際に『新幹線』で使用された
グレーとブルーの向かい合わせシートが
設置されております。

この『ホビートレイン』

とくに『リゾート列車』というわけでは無く
普通乗車券で乗車できます。

地元のお買い物の方や、通学のお兄さんお姉さんが
普通に乗って来られるのでございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9時40分

『ホビートレインプラレール号』は『窪川』を発車

山の中を走るとやがて進行方向右手に
碧く美しく『四万十川』が見えてまいります。

『ホビートレインプラレール号』 は
『四万十川』に沿って、ガタゴトと走ります。

『打井川駅』

『四万十川』を見下ろす山の斜面に立つ無人駅

『海洋堂ギャラリー四万十川』の最寄り駅ですが
実際は6キロも離れているそうです。

『土佐大正駅』から、土日祝祭日に限り
『海洋堂ギャラリー四万十川』行きの路線バスが運行されているそうです。

『窪川駅』を出発して約1時間

『江川崎駅』に到着

ここで電車は20分以上停車いたします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでトイレ休憩いたしましょう。

線路を渡り駅舎にまいりますと
化粧室はございます。

ホームで『プラレール号』の
特徴的な外観をしげしげと眺めておりますと
反対側のホームに
派手な色彩の電車が入線してまいりました。

かっぱうようよ号参上!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『海洋堂ホビートレインかっぱうようよ号』
赤 黄色 緑の派手な車体に
『海洋堂』のロゴが描かれております。

この電車も、しばらく停車いたしますので
カメラを持って、車内を見学いたしましょう。

車内にほ公募で入選した『河童』をモチーフとしたジオラマや
1分の1サイズの『河童』のフィギュアが展示されております。

さて、『プラレール号』に戻りましょう。

カメラを持って『プラレール号』を見学していた
『かっぱうようよ号』の人達も戻っていかれました。

『ホビートレインプラレール号』は
『江川崎』駅を発車

『四万十川』に別れを告げ
愛媛県の山間を走ります。

終点『宇和島駅』に到着いたしました。

 

コメントを残す

*