ユジノサハリンスクの集合住宅

さっそく、デッサンを初めてまいります。
ほぼ長方形の建物
一見してあまり特長がなさそうですが

よく見ますと意外と複雑でございます

壁から張り出した出窓はガラス扉が二重構造になっております。

階段の踊り場も、壁から張り出しております。

建物1階のテナントも複数ありまして
それぞれが思い思いの外観を呈しており
全く統一感の無いところが
かえって面白さを感じさせるのでございます。

また、建物の側面には
スポーツクラブか何かの広告が
壁に直に描かれております。

全体的には、長方形で一見整然としていながら
部分的に雑多なものが同居するこの建物を
デフォルト感たっぷりで
ユーモラスに描いてまいりましょう。

1 デッサン

まずは建物の輪郭を描きます。
おおむね長方形ですが、デフォルメして
上方を大きく、下方を小さく描きます。

屋根を描いたら、特徴的な煙突を
これまたデフォルメして描きます。

建物側面の窓の位置と
階段の踊り場の位置を決めます。

これで全体ができました。

細部を描きこんで行きます。

スレート状の屋根
煙突
二重構造の窓
階段の踊り場
1階のテナント
壁面の広告

いざ描いてみると、単純そうでなかなか複雑でございます。

建物を描き終えたら 、通りを行く人々と
花壇を描きます。

2 カッティング

デッサンが終了したら、いよいよ切り始めます。

ラシャ紙をデスクマットの上に置き
下絵に沿って、デザインカッターで切ってゆきます。
下絵からズレても、大丈夫でございます。

まずは空
どちらかというと、すっきりしない曇り空です。
雲は明確には描かず
やや長い曲線でまいりましょう。

スレート状の屋根と、特徴的な煙突を
切ってゆきます。

建物側面の出窓を切ってゆきます。
二重構造の窓のディテールも再現します。
結構細かいですな。


側面の壁と、壁に描かれた広告を切ってゆきます。

建物正面の窓を切ってゆきます。

優雅な曲線を描く街灯を切ってゆきます。

建物正面が少しずつ切り上がってまいります。

1階のテナントに行く前に手前の花壇を切ってまいりましょう。
花びらと葉っぱは、おおよその形で大丈夫です。あとは彩色で表現いたしましょう。

1階のテナント部分を切ってゆきます。
扉や手すりなど少々面倒ですが
根気よく取り組みます。

さあ、すべて切り終わりました。

3 糊付け

切り終わったラシャ紙の上の
トレーシングペーパーを剥がします。
ラシャ紙をワトソン紙の上に置き
ペインティングナイフで
上のラシャ紙と下のワトソン紙の間に
糊を塗り、丁寧に貼りつけてゆきます。

4 彩色

いよいよ彩色です。

太筆を使って、作品全体に水を塗り
糊を慣らします。
『パーマネントイエロー』で
全体を軽く彩色します。


『バーントアンバー』でシルエットを
つけてまいります。

さらに『プルシアンブルー』で
シルエットをつけてまいります。
『バーミリオン』で建物の壁面を
彩色します。
だんだんと雰囲気がでてまいりました。

1階のテナントのカラフルな外装
スポーツクラブの広告
通行する人々
花壇の花など
細部を塗り分けてまいります。

空は『プルシアンブルー』と
『クリムゾンレーキ』で、どんよりとした曇り空を表現します。

これで、出来上がりです。

 

コメントを残す

*