キャンプ・ツァガンスム・そらのいえ

1 デッサン

黒のラシャ紙の上に
デザインボンドで裏にスプレーしたトレーシングペーパーを貼り付け
Bの鉛筆でデッサンしてまいります。

まずは、地平線の位置を決めます。

山の稜線の上に広がる大空と
モクモクと沸き上り、夕日を反射して輝く夏雲を表現いたしますので
地平線は画面下より三分の一位のところに設定します。

山々を描きます。

雲を描きます。

下の雲は、入道雲のようにモクモクと沸き上ってくる感じに、
遥か上空の雲は、直接的な飛行機雲で表現し
空間を演出いたします。

ゲルを描きます。
シンプルですが扉には模様が描かれておりますので
さりげなく細部を描きこんでまいります。

並んで歩く人物、これはアドリブです。
人物を入れる事で、絵にスケール感が出てまいります。

2 カッティング

下方の入道雲
モクモクとした入道雲を切ってゆきます。
三日月形の曲線を重ねるようにして、躍動感を出してゆきます。


左上から右下に山の稜線近くまで、切ってゆきます。

100-7531
だんだんと入道雲が、出来上がってまいりました。

 

 

中空の雲
画面中央から右にかけて、中空の雲を切ります。『
やや長い曲線で、たなびくように表現いたします。

上空の雲と空
上空の飛行機雲をやや長い曲線で、まっすぐに切ってゆきます。

空は、画面と並行に細かい曲線で切ってゆきます。

これで、空が切り終わりました。

ゲル
ゲルを覆う白いフェルトを、やや長い曲線でで切ってゆきます。
布の柔らかいタッチを表現します。

扉は、木目調を表現しながら、やや長い曲線で切ります。
扉には模様が描かれておりますので、これも表現いたしましょう。

草原の草を切ってゆきます。

根気のいる作業ですが、休みながらゆっくり焦らず進めてまいりましょう。

これで、すべて切り終わりました。

3 ワトソン紙への貼り付け
ラシャ紙の上のトレーシングペーパー剥がします。
切り屑を丁寧に除去します。
ラシャ紙をワトソン紙に乗せ
ラシャ紙の裏に、ペインティングナイフで糊を付け、丁寧に貼り付けます。

4 彩色

まずは『パーマネントイエロー』を全体的に薄くかけます。
バーントアンバーで、山と草原、ゲル、人物に陰影をつけてゆきます。
プルシアンブルーで、空と山、ゲル、人物、草原に濃淡をつけてゆきますので
大分、立体感と奥行きが出てまいりました。

入道雲は、『クリムゾンレーキ』で彩色します。
空は、『バジターブルー』で彩色します。
中空の雲に『パーマネントイエロー』をやや濃い目に、太陽の反射光を描きます。
草原は、まず『ビリジアン』
上から『rライムグリーン』で彩色します。
ゲルの扉を『ローアンバー』『イエローオーカー』で彩色します。
人物に彩色し出来上がりです。

 

コメントを残す

*