バンコク市内郊外の知る人ぞ知る寺院-ワットパクナム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『バンコク』市内中心部から
ちょっと外れたところにある『ワットパクナム』

名所として注目され世界中から大勢の人々が訪れる
『ワットプラケオ』や『ワットアルン』とは異なり
地元庶民の信仰の拠り所として崇められてきた『ワットパクナム』は
実はここ最近『日本人』の間で静かなブームになっております。

地上80メートルの白い仏塔
その最上階にあるエメラルド色のガラスの塔と
天井に描かれた極彩色の宇宙は、訪れる人々を圧倒します。

それでは、この知る人ぞ知る神秘の寺院にお参りに出かけましょう。

 歴史

『ワットパクナム』が建立されたのは『アユタヤ王朝』の時代。
正確な年は分かっておりませんが

ラーマ三世の時代には、王室寺院として広く知られるようになり
地元の人々の寄進によって支えられてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仏教経典の記述言語の一つである『パーリ語』について
僧侶への教育普及の中心的役割を担う重要な拠点でもありました。

『タマカーイ式』と呼ばれる瞑想方法を確立した

『ルアンポーソッド僧正』

この寺院に祀られている黄金の像だけではなく

『タイ王国』のあちらこちらで、そのお写真を目にすることからも
偉大な僧侶さまとして、人々に崇められていることがわかります。

この『ワットパクナム』に鎮座する偉大な僧正の像に
金箔を貼ってお祈りをしますと良縁、交通安全のご利益があるとされております。

 行き方

『BTSスカイトレイン』の『シーロム線』に乗り
『ウターカート(withal at)』駅で下車いたします。
駅周辺でタクシーを拾いまして7~8分で到着いたします。

境内へと続くアーケード状の道を歩いてまいりますと
やがて視界が開け右手には巨大絵な『大仏塔』がそびえております。

ワットパクナム

階段を登り入り口までまいります。
ここで靴を脱いでビニール袋に入れて持参し中に入ります。

『大仏塔』

入場は無料でございます。

中に入りますと、ここは2階
大変広いホールの奥に
『プミポン前国王陛下』の大きな肖像画が掲げられております。

この『大仏塔』は、『プミポン前国王陛下』の
御生誕72歳を記念して建立されたそうです。

エレベーターもございますが
ここはひとつ階段を使って上がってまいりましょう。

建物の中は涼しく、人も疎らで大変静かです。

3階は博物館になっております。

黄金の仏像や仏具が収められたガラスケースが
ずらりと並ぶ光景は、まさに圧巻です。

4階には、『ルアンポーソッド僧正』の黄金像が収められております。

いよいよ5階に上がります。

階段を登りきると、神秘的な緑色に輝くガラスの塔が目に飛び込んでまいります。

ドームのような天井には、極彩色の宇宙が描かれており
塔の周りには、やはり緑色のガラスで作られた龍が、ずらりと並んでおります。

壁にも、夥しい数の仏様が描かれております。

フロアの一画に座り、エメラルド色に輝く仏塔と天井に描かれた宇宙を眺めます。

厳かな雰囲気で、心静かなひと時を過ごしました。

コメントを残す

*