台湾

さよなら台湾

『台湾』5日間の旅もいよいよ最終日
午前中に『台北』の街を散歩し
午後の便で『日本』に帰国いたします。

ここで『台湾』5日間の旅を
振り返ってみたいと存じます。

1.行きやすさ

『羽田空港』から約3時間のフライトで行ける『台湾』
アクセスがしやすい外国のひとつと申せましょう。

ホテルやレストランでは日本語が通じますので
海外旅行は初めてという方にも、おすすめでございます。

 2.出会った人々

『新生公園』では

『一緒に太極拳やりましょう』と
声をかけてくださったり

『花蓮』のレストランでは
忘れ物のお財布を空港まで届けてくださったり

『台湾』の方々は心優しく
親切な方ばかりでございました。

頭腦明晰にして秀麗眉目な
『阿美族』の方々も、とても印象的でございました。

3.お食事

豪華な『台湾』での昼食
素朴でどこか懐かしい『花蓮』郷土料理
港町ならではの新鮮な食材を使った『高雄』の海鮮料理

どれも大変美味しく、たくさん頂きました。
これまでの旅の中で、最もグルメな旅であったと申せましょう。

4.観光名所

赤い提灯が並ぶレトロな街『九份』
『故宮博物院』や『忠烈士』など世界的名所を擁する『台北』
絶景の『太魯閣渓谷』が連なる『花蓮』
南国の工業都市『高雄』
同じ『台湾』にあってそれぞれ個性的な表情を見せてくれました。

続きを読む

台湾新幹線ー車両も駅の雰囲気も日本の新幹線にそっくり!

『台湾新幹線』

乗ってみての第一印象は

『日本の新幹線にあまりにもそっくり!』

外観だけではなく駅のホームの雰囲気
車内の座席の配置や
座席の裏のテーブルに書かれた案内板に至るまで

まるで『日本』からそのまま走ってきたかのような
馴染み深い雰囲気でございます。

しかし、車窓に展開されるのは南国『台湾』の風景

なにやら不思議な感じに囚われつつ、
『高雄』から『台北』までの1時間半の旅を楽しむといたしましょう。

高雄左営駅より台湾新幹線で台北へ

『高雄駅』は、まるで空港のように
広くて立派な駅でございます。

人々が行き交う駅舎の一角にある売店で
台湾ビールを調達。

350ml缶が、30元(だいたい120円)と
値段も、お手頃でございます。

日本の鉄道技術・ノウハウを継承

10時35分、台北行きの『台湾高速鉄道』に
乗車いたします。

『台湾高速鉄道』は、2007年3月に
開通いたしました。

これにより、従来の特急でも
約4時間かかっていた
『台北』-『高雄』間345kmの所要時間を
ノンストップで1時間半に
短縮したのでございます。

 

この『台湾高速鉄道』
インフラはヨーロッパ
車両は日本という
日欧混合システムでございますが

列車の運航や、サービスに関しましても
日本の技術伝授が行われております。

外観も、車内も、駅の雰囲気も
日本の新幹線と
よく似ておりまして
まったく違和感がございません。

さて、座席に落ち着き
ゆっくりと流れだした風景を眺めながら
ビールで乾杯でございます。

『台南』-『台中』-『桃園』と
台湾の東側に広がる
平野部の都市の様子を
車窓から眺めます。

2日目に、『台北』-『花蓮』の
車内から見た、山間の風景とは
まったく違う印象でございます。

いつか、各都市を
時間をかけて旅してみたい
ものでございます。

列車は定刻通り、『台北駅』に
到着いたします。

台北に到着

さて、師走の差し迫ったひと時
思い切ってお休みをとり出かけた『台湾』の旅
1日目は、羽田⇒台北⇒九分⇒台北
2日目は、台北⇒花蓮
3日目は、花蓮⇒高雄
4日目は、高雄⇒台北

ここで、飛行機に乗って『日本』に帰国しましても
4日間で十分に『台湾』を満喫できたと申せましょう。

しかしながら私達夫婦は、もう一日お休みを頂き
『台北』に滞在いたします。

旅の2日目の午前中に、大急ぎで巡った『台北』の見どころ
『故宮博物院』
『忠烈祠』
に加えまして、『台北』の見どころをもうすこし
ご案内させて頂きます。

ここから補足-鼎泰豊本店

改札口を出て、地上に出ると
2日目の雨模様とは正反対に
爽やかな晴天の下
彼方に摩天楼が連なります。

 

人々でにぎわう『台北』の街を
バスで移動し、昼食会場へとまいります。

『鼎泰豊(Tin-tai-fon)』
日本でも有名な、小籠包の老舗の
本店でございます。

店内もまた、おびただしい人々ですが
予約をしていただいた為
3階の円卓に、すぐに座れました。

またもやビールを注文し、
次々に運ばれてくる蒸籠から
湯気を立てている小籠包を
蓮華で小皿にすくい
刻み生姜とともに
火傷をしないように
慎重に口の中へ運びます。

ジュワッツ・・
おいしいスープが、口いっぱいに広がります。

 

 

 

 

 

 

 

小籠包、見た目が小ぶりで
いくらでも食べられそうに
感じられますが

一つ一つに結構ボリュームがあり
5個ぐらい頂きますと
すでにお腹いっぱいになってまいります。

 

 

 

 

 

 

 

お味も、一つ一つに個性があり
バリエーションを楽しみました。

最後のデザートもまた
あんこ入りの小籠包でございます。

お腹も満たされたところで
ふたたびバスで移動いたします。

中正記念堂

1975年にこの世を去った
台湾初代総統『蒋介石』を祭った
お社でございます。

 

紺色の瓦屋根を頂く
巨大な白い門をくぐると

広大な敷地の左右に
赤と朱に彩られた、色鮮やかな建物が
目に飛び込んでまいります。

そして中央には
やはり紺色の瓦に、白い壁の
八角形の巨大な本堂がそびえ立っております。

本堂に近づいてゆき、階段を登り
内部へと入ります。

展示室の脇のエレベータで
上の階に上がりますと

広大な本殿の正面に
巨大な『蒋介石』が
椅子に座っておられます。

 

像の左右には、銃剣を持った
衛兵が、微動だにせず
直立しておられます。

やがて、ホールの向こうから
靴音の高らかに
数人の衛兵が
隊列を組んで、
ゆっくりと中央に進んでまいります。

衛兵交代式が、はじまりました。

互いに向かい合った
台の上の衛兵と
行進してきた衛兵

約20分ほどかけて
交代式が執り行われました。

本堂をあとに、再び広場へ

午後3時半頃ですが、
夕方になりますと
ここには、大勢の方々が集まり

太極拳を演武されるのだそうです。

記念堂を背景に、人々が演武するさまは
きっと勇壮なものでございましょう。

次に訪れましたのは

龍山寺

『清』の時代に建立された
台湾最古の寺院でございます。

龍や鳳凰の彫刻が施された
色鮮やかな朱色の瓦屋根

真冬とは思えない強烈な西日が
その複雑なシルエットを
くっきりと照らします。

夕日に照らされた寺院の境内には
地元の方々が集まり

太鼓や鐘の音とともに
一斉に経典を唱和されるのです。

その光景は、まさに
荘厳そのものでございます。

 

 

 

台湾高雄のおすすめ観光スポット2選-忠烈祠と蓮池譚龍虎塔

熱帯とはいえ12月の『高雄』の朝は
少し肌寒い感じがいたします。

『台湾』5日間の旅の4日目

午前中に『高雄』の見どころ2箇所を訪れます。

一つ目は『高雄忠烈士』
『高雄』の港を一望できる『寿山』の上に建立された
戦歿者慰霊のお社でございます。

『台北』の『忠烈士』に比べれば規模は小さいのですが
梅の模様が描かれた白い門や、『故宮博物院』を彷彿させる本殿は
一見の価値がございます。

二つ目は『蓮池潭』
二つ並んだ塔の下にほ『龍』と『虎』が口を開けている
ユニークなモニュメント

『台湾』のガイドブックや旅行のパンフレットには
必ず載っているほど有名な場所でございます。

この二つの名所を順に巡ってまいりましょう。

続きを読む

広くて歩きやすい台湾高雄の六合夜市ー屋台は肉や海鮮や果物が山盛り!

『台湾』南部の都市『高雄』

工業都市 港湾都市として発展を遂げた
洗練された雰囲気の合間に

古き良き時代の面影が見え隠れする
魅力的な街でございます。

さすがは港町

『高雄』でいただいた『海鮮料理』はまさに絶品
『高雄』にお越しの際は是非、『海鮮料理』をお召し上がりください。

そして『海鮮』と申し上げれば
『高雄』でも有名なナイトマーケット

『六合夜市』

通りの両側に煌々と明かりを放って並ぶ屋台には

大きな魚や海老、蟹やホタテ、蝦蛄など・・・

ありとあらゆる魚介類が積まれ
お店の方々がそれら炭火で豪快に焼いておられます。

『六合夜市』

通りの幅が広い事と、屋台が道の両脇にしかないことで
通りの真ん中を比較的ゆっくりと歩くことができるのでございます。

続きを読む

アジアの秘境-太魯閣渓谷は山々も谷もすべて大理石!?

『太魯閣渓谷』

『台湾』東側の山岳地帯に
長さ40キロにわたって続く、大理石の渓谷

上を見上げれば
のしかかってくるような大理石の絶壁

下を見下ろせば
足がすくむような、はるか谷底にまで続く尖った大理石の岩

『太魯閣渓谷』はまさに『台湾』の秘境
いえ『アジア』の秘境と申せましょう。

『台湾』東海岸の都市『花蓮』より、バスで約1時間

大自然が作り上げた驚愕の絶景を歩いてまいりました。

続きを読む

花蓮までは台北から特急でたった2時間-ぜひとも会いたい阿美族の人びと

『台北』から『花蓮』までは、特急列車で約2時間

『台湾』は、大雑把に申し上げれば
縦長の楕円形『』をしております。

かなり無理があるかもしれませぬが
山の手線にたとえるならば

『台北』がちょうど『大塚駅』の辺りだとすれば

『花蓮』は『神田駅』の辺り

『台北』から『花蓮』まで
特急列車で『台湾』の外周を、時計周りに周ってまいりますが

『台湾』の東側には、険しい山脈が連なっておりまして
ここを日本の鉄道技術によって開発された
『振り子式電車』で走り抜けてまいります。

険しい山脈と太平洋に挟まれた美しい街『花蓮』

頭脳明晰にして秀麗眉目
『阿美族』の方々にお会いしました。

続きを読む

台北を3時間で楽しむ-忠烈祠交代式と故宮博物院の肉と白菜

12月の終わりに『台湾』5日間の旅行をしております。

『日本』からも比較的近く
『日本語』も通じる『台湾』は
気軽に出かけられる外国のひとつではないでしょうか?

『台湾』実は4日間もあれば
いろいろな観光地を巡ることが可能でございます。

旅の2日目、午前中に『台北』の見どころをピンポイントで巡り
午後には別の場所にまいります。

ピンポイントで巡る場所とは、ずばり

『故宮博物院』
『忠烈祠』

この2箇所でございます。

『故宮博物院』

70万点を上回る所蔵品は、広大な博物館をもってしても
同時に展示すること能わず

常に陳列が変わっており、それらを一つずつ鑑賞するなど
また至難のことでございます。

ここは、

『翠玉白菜』と
『肉形石』

さえ観ておけば大丈夫

『忠烈祠』は
衛兵の交代式さえ観ておけば大丈夫でございます。

それではさっそく、まいりましょう。

続きを読む

『新生公園』-太極拳で台湾の地元の人々と国際交流!

『台湾』の旅の醍醐味

風光明媚な観光地訪問
この上なく美味しいお料理
お買い物・・・

いろいろございますが、もうひとつ
それは
『早朝の公園で地元の人々と太極拳をする』
ことでございます。

台湾では早朝から公園に人々が集まり
ダンスをなさったり
太極拳をなさったりしておられます。

ちょっと離れて見ておりますと
グループの中お一人が手招きして下さり
『一緒にやろうよ』と誘ってくださいます。

ここは、ちょっと勇気を出して
グループに加わってまいりましょう。

えっ?太極拳なんか、やったことがない?
大丈夫でございます。

周りの人々の動きを真似して
ゆっくり身体を動かせば
あなた様も、もう立派な功夫拳士でございます。

続きを読む

阿妹茶楼のある九分の街の中心部へ人込みを避けて楽にゆく道は?

『台北』から『九分』行きのバスに乗り約1時間

『九分』のバス停で下車し
『セブンイレブン』脇の入り口から
街の中心地へと歩くのが一般的かと存じますが
何分にも人々でごった返す細い道

『九分』の街の中心地へ、比較的スムーズにアプローチできる道がございます。

バス停を通り過ぎ、道路をもう少し上がって行きますと右手に
恋愛成就の神様として名高い『霞海城煌楼』が見えてまいります。

ここで下車し、寺院の脇の道を歩きます。

平坦で人もまばらな道
途中『景観平台』のガジュマルの木陰から『基隆湾』を一望し
さらに歩を進めれば『九分』の街のでございます。

続きを読む

羽田から早朝便で台北へーそのまま九分に向い夕方には再び台北へ

今年も気づけば、間もなく年末

忙しい日々に追われて
休暇をとる機会を逸してしまわれた、あなた様

今年中にちょっと休暇を取りたい。。。

年が明ければ、帰省してお年始廻りもあるし

できればクリスマスあたりに
ちょっと気軽に旅がしたい

温泉旅行!?

大変結構でございますな。

ですがここは、ちょっと思い切って
海外旅行はいかがでございましょう?

『台湾』ならば、『羽田空港』からも約3時間のフライトで行けますし
お休み4日間もあれば、『台湾』を満喫できます。

『早朝便』で『羽田空港』を離陸しお昼に『台北』に到着。

そのまま『九份』まで足を伸ばせば
夕方には『台北』に戻ることができ
時間を有効に活用できるのでございます。

北風の吹く『日本』をしばし離れ
暖かい南国『台湾』にまいりましょう。

続きを読む