ロシア

シベリア鉄道に乗車したら、まず最初にやるべき事



シベリア鉄路に乗車したら、まず最初にやるべき事

それは

『トランクから当座に必要なものを出した後トランクをしまう』

事でございます。

なんだ。そんな当たり前の事・・・

とお思いかもしれませぬが、この作業
以外と重労働でございます。

しかも、『当座に必要なもの』を
あらかじめひとまとめにして
トランクに詰めておくなど
乗車前から段取りを整えておきませぬと

乗車してからてんやわんやの状態に
陥る可能性もございます。

続きを読む

墓標と永遠の炎-ハバロフスクで迎えた70年目の終戦記念日




『ハバロフスク』の街では、いたるところに
戦争勝利70年を祝う横断幕が、掲げられておりました。

『日本』で迎える『終戦記念日』は
『第二次世界大戦』で犠牲になられた多くの方々の御霊を想い
二度と戦争を起こしてはならないという誓いを
あらためて心に刻む日でございます。

戦争に勝利した
『ロシア』では、果たしてどうなのでございましょう?

『勝利』を祝う横断幕の向こうに

戦争で命を落とされた犠牲者を弔う巨大な碑と
広場の中央に灯された『永遠の炎』

鎮魂と平和を願う人々の心は、『ロシア』も『日本』も同じでございました。

続きを読む

インツーリストホテルから歩いていけるアムール川沿いの観光名所




『ロシア』極東の街『ハバロフスク』

あなた様は、どのような街を想像されますでしょうか?

地吹雪が吹きすさぶ、色彩のない街?

厳めしいコンクリートの巨大な集合住宅が建ち並び
どこか、人を寄せ付けない雰囲気のある街?

かつては『旧ソ連』の『鉄のカーテン』の向こう側で
神秘のベールに包まれた街

私も、今申し上げましたようなイメージを
持っておりました。ところが・・・

実際に『ハバロフスク』の空港に降り立ち
バスの車窓から市内の景色を一目見た途端

そのようなイメージは、一瞬にして砕け散ったのでございます。

広大で豊かな褐色の水を湛える『アムール川』

その河岸に沿って広がる『ハバロフスク』は
まさに『おとぎの国』でございます。

続きを読む

ハバロフスクのホテルは設備・サービス良好。お料理は大変良好。

 

『シベリア鉄道とバイカル湖8日間の旅』初日

『成田空港』から『ハバロフスク』まで約3時間のフライトを経て
無事『ロシア』に入国いたしました。

空港からホテルまで送迎バスで向かいます。

車窓から見る『ロシア極東』の街の風景は
珍しいものばかり。思わず目を見張ります。

さて、『ハバロフスク』のホテルとは、どのような感じでございましょう?

・設備面は?
・サービスは?
・お食事は?

結論から申し上げますと

西側諸国のホテルと比較いたしまして

設備面では、必要なものは全てそろっており良好

サービス面でも、モーニングコールなどもお願いでき良好

お食事は、『ロシア料理』が思っておりましたよりずっと美味しく

大変良好

でございます。

続きを読む

ハバロフスクへは飛行機でたった3時間-意外と近いロシアの街

『ロシア』の極東都市『ハバロフスク』へは
『成田空港』より約3時間のフライトで到着いたします。

思ったよりも近い『ハバロフスク』でございますが
VISAを取得したり、滞在先のホテルでもパスポートを提出したりと
少々敷居が高い印象もございます。

しかしながら、旅行会社のツアーに参加することにより
手続きをお任せしたり、ベテランの添乗員の方のご案内で
安心して『ロシア』への旅行を楽しむことが、できるのでございます。

『成田』出発から『ハバロフスク』に到着し『ロシア』に入国するまで
どのようであったのか、お話しさせていただきます。

続きを読む

シベリア鉄道で行くバイカル湖8日間ツアーに必要な旅の準備

世界一の透明度を誇る

『シベリア』の秘境『バイカル湖』

一生に一度は見て見たい
そんな長年の『夢』が叶うこととなりました。

しかも、極東の都『ハバロフスク』から
『シベリアの真珠』と謳われた『イルクーツク』までは
あの『シベリア鉄道』で三日三晩の旅をいたします。

何分にも、『ロシア』は初めてでございます。

『ソビエト社会主義共和国連邦』時代

『鉄のカーテン』の向こう側の神秘の国々
未だにそのようなイメージを抱かずにはおれない
『ロシア』

そこで、『ロシア』に関しては
エキスパートでいらっしゃる『ロシア旅行社』様にお願いし

『シベリア鉄道とバイカル湖8日間』ツアーに
参加させて頂きました。

続きを読む

さよならサハリン

『サハリン』5日間の旅も、いよいよ最終日

名残惜しい『ユジノサハリンスク』ともお別れし
いよいよ『日本』に帰国でございます。

朝食をとり身支度を済ませ
朝9時半にホテルのロビーで
ガイドのイリーナさんと待ち合わせしますが

ホテルの従業員の女性から
待ち合わせが1時間半後になることを伝えられ
ホテルの部屋に戻り、やきもきしながら時間を潰しました。

結局のところ、『成田』から到着する飛行機が大幅に遅れ
折り返しの私達の搭乗機も遅れることを知ったのは
『フォムトボ空港』に到着してからのことでした。

搭乗待ちの乗客でごった返す『フォムトボ空港』の出発ロビー
『アシアナ航空』待ちの韓国ご出身の男性
LEEーLEEさんとお友達になり、楽しくおしゃべりいたしました。

ワクワク、ドキドキの『サハリン』5日間の旅が、間もなく終わります。

続きを読む

サハリンの大自然を満喫するおすすめドライブスポット

 

 

美しい海と山々に囲まれ
豊かな自然に育まれた『サハリン』

首都『ユジノサハリンスク』より
東の方向へ車で約1時間

『オホーツク海』とつながる美しい湖『トゥナイチャ湖』は
『サハリン』で最もポピュラーなリゾート地でございます。

手つかずの大自然が残るこの一帯には
美しい森やサクラマス カラフトマスが生息する清流が流れております。

また、『サハリン』の大地からから臨む
8月の『オホーツク海』は、それは美しい風景でございます。

『大自然』という観点からの『サハリン』の魅力につきまして
お話しさせていただきます。

続きを読む

樺太時代の面影残る港湾都市コルサコフの観光スポット8選

 



『宗谷海峡』を臨む港町『コルサコフ』

『北海道』や『千島列島』を結ぶ船の玄関口として
発展を遂げたサハリン第二の都市

その姿の中に、『樺太』時代の足跡が見え隠れする
個性溢れる魅力的な街でございます。

巨大な港町を一望できる公園
『旧亜庭神社跡』など
『コルサコフ』の見どころをご紹介いたしましょう。

続きを読む

必見!コルサコフの歴史ある建造物ー旧大泊日本領事館跡

 

サハリン』5日間の旅行も4日目

『ユジノサハリンスク』の南
『宗谷海峡』を臨む港町『コルサコフ』を訪れました。

『アニワ湾』から車で5分くらい山の方向に登ったところに
『旧樺太大泊大使館』がございます。

『大使館』修復プロジェクトのマネージャー
セルゲイさん

私達を心温かく迎えてくださり
『旧大使館』の建物内部や、隣接する教会をご案内してくださいました。

続きを読む