ハプニング-私達乗馬初心者も遊牧民マスターも3人同時に落馬!?




『ウランバートル』より西へ470キロ

『モンゴル』屈指の美しい大草原といわれる
『ハンガイ山脈』の麓『ツァガンスム』

『風の旅行社』様の直営キャンプ『そらのいえ』にステイし
3日間の乗馬教室を体験いたしました。

インストラクターは、2人の遊牧民マスター。

乗馬経験ゼロの私達夫婦
絶景の大草原を、馬に乗って
約一時間のトレッキングを楽しみました。

トレッキングもほぼ終盤
『そらのいえ』のゲルが、だんだんと近づくころ

私達夫婦の馬2頭を、引き馬で先導する
遊牧民のヤングマスターと
後ろに続く私達夫婦は

3人とも、ほぼ同時に落馬するという
珍事に遭遇いたしました。

それは貴重な体験でしたので
その時のことについて、お話しいたします。

続きを読む

モンゴルの乗馬初心者教室-『まずは乗ってみよう』

モンゴルには、一生に一度はいってみたい・・

抜けるような、真っ青な空

萌えるような香しい、目にも眩しい若草が
地平線のはてまで続く大地・・

思い切って、『モンゴル』の大草原を満喫したい・・

大草原をゆくとなれば、やはり馬

しかし乗馬など、やったこともなし

やはり、『モンゴル』の大草原を楽しむなど
夢のまた夢か・・・

少々お待ちくださいませ!!

大丈夫でございます。

乗馬経験ゼロの私達夫婦
『モンゴル』でもっとも美しいとさせる
『ツァガンスム』の大草原で

乗馬教室を体験し、大草原での乗馬を
堪能いたしました。

そのときのことにつきまして
少々お話しさせてくださいませ。

続きを読む

朝晩冷え込む真夏のモンゴル大草原も着込んで寝れば大丈夫

モンゴル大草原の中でも、屈指の美しさを誇る
『ハンガイ山脈』の麓『ツァガンスム』

昨晩は蒔ストーブを焚いていたので
ゲルの中はポカポカでしたので
Tシャツ一枚で寝たのが大間違い

蒔は1時間もしないうちに燃え尽き
ゲルの中はどんどん気温が下がり
明け方、寒くて目が覚めました。

真夏といえど朝晩は5度を下回るモンゴル大草原
前の晩にヒートテックやジャージ トレーナーなど
しっかり着込んで寝るべきでございました。

続きを読む

モンゴルキャンプゲル-大草原の露天風呂と充実のアメニティ

ウランバートルから、西へ490キロ

大草原や砂漠をひたすら走ること実に9時間半

『モンゴル』で最も美しいといわれる
『ハンガイ山脈』の麓
『ツァガンスム』にやってきました。

午後7時近くとは思えないほど
空は青く明るく
眩しいほどの若草色に輝く大草原に
真っ白な『ゲル』が点在しております。

日本の『風の旅行社』様の直営キャンプ『そらのいえ』

これからの数日間、『ゲル』での生活が始まります。

大都会『横浜』で生活する私達夫婦にとって

はたして、この雄大な大草原のキャンプでの生活は
どのようなものか、まったく想像がつきませぬ。

食事は?お水は?

歯磨きできるんだろうか?

それよりも、おトイレは?

『ツァガンスム』に到着するまで
いっぱいだった不安は

『そらのいえ』に着いたとたんに
あっというまに、消えてしまったのでございます。

可愛らしい調度品に囲まれたゲルの室内

広々としたシャワールームとトイレ棟(もちろん水洗)

そして、なんと露天風呂!

ここ『ツァガンスム』は、『モンゴル』でも有名な
温泉保養地でございます。

続きを読む

モンゴル大草原の旅は砂漠あり、世界遺産ありと盛りだくさん!

モンゴル』8日間の旅の2日目

ウランバートルの街を出発し、西へと続く
穴だらけの幹線道路を

食料や水を満載したワゴンは、ひたすら走り続けます。

目指すは『モンゴル』で最も美しいとされる
『ハンガイ山脈』の麓『ツァガンスム』

大草原490キロを横断する旅は
さぞかし辛く、退屈な旅だとお思いでしょう?

私も、最初はそう思っておりました。

ところが

抜けるような、真っ青な空と
どこまでも続く、若草色の大草原の彼方に

突如出現した、砂漠地帯

さらに、世界遺産にも登録された
カラコルムの寺院

そして、ウランバートルを出発して
9時間半もの時間をかけて

辿り着いた『ツァガンスム』

モンゴルの、広大な草原は
さまざまに変化する、驚愕の大地でございます。

続きを読む

モンゴル大草原470キロ横断の旅へ-豊かな表情を見せる夏の大草原




モンゴル8日間の旅の2日目

急速に発展を続ける『ウランバートル』市内をあとに
いよいよ大草原横断9時間半・450キロの旅に出ます。

どこまでも果てしなく続く大草原の風景

最初はもの珍しい風景も、長時間の旅で
飽きてしまうのでしょうか?

いえいえ、『モンゴル』の大草原は
山あり川あり、変化に富んだ
さまざまな表情を見せてくれました。

『モンゴル』の短い夏
一年の中で、大草原が最も輝く季節に
見せてくれた豊かな表情について
お話しさせていただきます。

続きを読む

まるで旧ソ連?モンゴル・ウランバートルの街の第一印象


モンゴル8日間の旅

2日目の朝を迎えました。

昨晩遅くに『ウランバートル』に到着し、
ここ『フラワーホテル』に車で移動しました。

昨晩は暗くてよくわからなかった街の様子も
一夜明けて空も明るくなり、いよいよ街とご対面でございます。

『ウランバートル』の街の第一印象は?
街で出会った人々は、どんな感じの方々?

『モンゴル』に到着して
まだわずかな時間しか経過しておりませんが

ホテル周辺を歩いて感じました事を
お話しさせていただきます。

続きを読む

成田からウランバートルまでのフライトはたった5時間半



おや、『モンゴル』の『ウランバートル』に
お出かけでいらっしゃいますか?

ご旅行でしょうか?
それともビジネスでしょうか?

『成田空港』から
『ウランバートル』の『チンギスハーン空港』まで
毎日、便が出ております。

『M IATモンゴル航空』

『成田空港』を15時30分に出発し
定刻通りならば
『チンギスハーン空港』に20時25分に到着いたします。

『モンゴル時間』は
『日本時間』マイナス1時間ですので
フライト時間は、5時間55分でございます。

ご搭乗手続きは
『成田空港第一ターミナル』4階Jカウンター
となっております。

続きを読む

モンゴルへの行き方と旅に必要なもの

『モンゴル』とお聞きになれば
どのようなことを連想されますでしょうか?

大空を背景に、どこまでも
果てしなく続く美しい大草原。

かつて、ユーラシア大陸を席捲した
モンゴル大帝国の創始者

蒼き狼『チンギス・ハーン』

大相撲の横綱『白鳳』関も
モンゴルのご出身でいらっしゃいますな。

私たち夫婦が、モンゴルを訪れましたのは
今からちょうど4年前、2013年の夏のことでございます。

『巴里』
『ロンドン』
『マンハッタン』

『バンコク』
『メルボルン』

数多の魅力的な国々と都市をめぐる
素敵なツアーの数々は

どれもパンフレットを見ているだけで
大いなる憧れを抱いてしまいます。

そんな魅力的な、たくさんの旅への誘いのなかで

『モンゴル』への旅は

私達夫婦の心を、鷲づかみにしました。 続きを読む